師匠の散歩Grandmaster's Wander

師匠が歩く趣味の世界

Mapで遊ぼう

各種地図

師匠が山行記録で使用している各種地図を作成する上で、勉強したこと・確認したことをまとめました。最新の地図APIでは無い場合もありますが、新しいAPIだと解説文章が無いこともある(国土地理院で多い)ので防備録として使っています。

  1. Yahoo地図
  2. GoogleMap リンク削除 2018/9/6
  3. 国土地理院V2 / XMLファイル 内容削除
  4. 電子国土V4 / KMLファイル / OpenLayers
  5. カシミール3D
  6. GPXとKMLを極める
  7. スマホページの作り方
  8. スマホ対応+地形図V4改の変更
  9. 県境を求める
  10. Leafletはじめました / KMLファイル / Leaflet
  11. ローカル版ウォッちず 2016/5/27
  12. Google Maps API 2018/9/7
  13. 国土地理院地図タイル2018/9/17
  14. esri-leafletのタイル2018/9/15
  15. 国土地理院/esriタイルall2018/9/21

地図で遊ぶ

  1. 三角点表示
    1. 都道府県ごとに三角点を表示 Leaflet地形図
    2. 一等三角点一挙表示 Leaflet地形図
  2. 都道府県別の基準点の数 2010年~ほぼ毎年更新
  3. 国土地理院の標高サービス リンク削除
  4. 地点から方位角に線を描画 Leaflet
  5. 2地点から方位角・測地線長を求める Leaflet
  6. 2地点の最短経路を描画 GoogleMaps V3 リンク削除 2018/9/6

各種地図の個人ランク

各地図APIの比較表を作成しました。

2041夏
自作地図として使いやすいのは、サポート終了の国土地理院地図V2と師匠は考えています。逆に地形図V4は扱いづらい仕様だと考えています。
2015春
Leafletの仕様がわかってきたら、地形図V2に近いことができる(V4ではできなかった)ことがわかったので、順位を上のほうにしました。
2018夏
GoogleMapsが有料化になった。200USドル分は無料とあるが、それでもクレジットカード情報の登録が必要らしい。
地図APIバージョン価格リンクAPI易しさImageLineMarkerPopupXML/KML鳥瞰図航空写真等高線登山地図その他
YahooV1無料必要取得×地図種豊富
Yahoo旧V2無料必要取得×サポート終了
GoogleV3無料不要不要××ローカルで動作可
GooglePlatform有料-必須----------2018運用開始
電子国土K2-XML無料必要-XML×2013サポート終了
OpenLayersK4-KML無料必要-KML2011運用開始
Leaflet1.3.4無料必要-KML2015運用開始

その他もろもろ

Map Icons

Mapアイコンを紹介します。採取は2012年で、最新情報への更新はしていません。

他のAPI
下記は1年以上更新していない情報です。2016年秋までには削除する予定です。

YahooMaps/GoogleMaps/CyberJapanとは違い個人利用できない(困難)なページですが、自分でAPIを構築しようとされるかたの参考になれば幸いです。

  1. マピオン API 商用・法人向け
  2. ぐるなび 飲食関係の地図 リンク削除
  3. じゃらん APIは非公開のようだ
  4. Postal Search APIs & Solutions 郵便番号と住所を軸に様々なデータを加工し提供
  5. 自転車大好きマップ 全国版
  6. ヤマレコ 2014/4 個人サイトから株式会社に


topに戻る