師匠の散歩

師匠が歩く趣味の世界

山行ページ作成手順2012年第3版

2012年3月では、時間短縮を図るため、山行ページをヤマレコに書き込んだ内容をそのままデータとして利用するようにしている。

画像関係
  1. デジカメ画像取り込み
  2. 画像ファイル名変更 お〜瑠璃ね〜む
  3. パノラマ画像作成 Windows Live
  4. 画像処理(拡大、トリミング、彩度調整など) 画像ソフト
  5. 時刻確認
  6. 画像選別
  7. 画像サイズ変更 リサイズ超簡単!Pro
マップ関係
  1. GPSロガーデータ取り込み
  2. 自前地図作成 Perl
ヤマレコ登録
  1. ヤマレコにデータをアップし山行記録作成

ここで一旦休憩
師匠のページ作成
  1. エクセルでルート地図を作成 MSエクセル
  2. GDで簡易地図、データ解析を実施 perl
  3. 画像ファイル名一覧作成 お〜瑠璃ね〜む
  4. 画像一覧表作成 MSエクセル
  5. サムネイル画像作成 リサイズ超簡単!Pro
  6. HTMLファイル作成 HeTeMuLu Creator
  7. 自前地図にデータ追加(説明省略)
  8. サーバーにアップロード FFFTP

画像関係

デジカメ画像取り込み

作業手順
  1. デジタルカメラのSDカードをパソコンのSDスロットに差し込む
  2. デスクトップに新規フォルダを作成
  3. SDカードから画像ファイルをコピー
  4. あきらかに不要な画像(撮影失敗)はこの段階で削除しておく
容量が溜まってきたらCドライブからHDDに退避させる
ページトップへ

画像ファイル名変更

使用するソフト
お〜瑠璃ね〜む(allrename.exe)
作業手順
  1. 対象ファイルをドラッグ・アンド・ドロップし各種処理を選択する
  2. ファイル名を半角に変更(Windowsの初期拡張子.JPGを.jpgに変更)
  3. 撮影日時に変更(2012年1月1日12時34分56秒の場合、20120101123456.jpgとなる)
  4. 前8文字を削除し時刻のみのデータにする(2012010123456.jpg→123456.jpg)
デジカメの内臓時計の時刻が間違っている場合、「F6 Exif」の撮影日時一括変更で日時を一定時刻の増減を行う。
ページトップへ

パノラマ画像作成

使用するソフト
Windows Live
作業手順
  1. パノラマ作成専用フォルダにパノラマを作りたい複数画像を移動
  2. 複数ソフトを選択し「パノラマ作成」
  3. 師匠は、最初の画像名にpを追加したファイル名で保存している
    123456.jpg + 123457.jpg → 123456p.jpg で保存
  4. 「編集」の修正・トリミング機能で表示したい形状に変更(周囲の黒部分を無くす)
  5. 右上の×をクリックすると編集画像は自動的に保存される
WindowsLiveでパノラマ作成時は新規ファイル名で保存ができる。しかし、修正機能では作業完了後自動的に元画像のファイル名で上書き保存されるため、元画像を残したい場合は別フォルダや別ファイル名で保存しておく必要がある。
ページトップへ

画像処理

使用するソフト
画像処理ソフト(有料のものだけでなく無料のものもある)
作業手順
  1. 画像処理ソフトで、トリミング・明度・彩度などを調整
画像サイズはあとで一括処理するため、ここでは変更しなくてもよい。
ページトップへ

時刻確認

作業手順
  1. 写真の時刻から地点通過時刻を記録する
    時刻確認できるよう地点のわかる写真を撮影しておく
    8:00駐車場
    8:30登山口
    9:00尾根
    10:00景色のいい岩
    10:30頂上
    11:40分岐は左へ
    12:00分岐はまっすぐ
    13:00渡渉
    14:00駐車場
    
  2. ルート地図ができた後に再確認する
ページトップへ

画像選別

作業手順
  1. 画像フォルダに、パノラマ画像を移動させる
    パノラマ作成専用フォルダに残った元画像を師匠はあとで削除している
  2. 新規フォルダ「keep」「pass」を作成する
  3. HTMLで使用したい画像を「keep」、他は「pass」に入れる
  4. 時刻同定のために撮影したがHTMLでは使用しない画像は「pass」になる
ページトップへ

画像サイズ変更

使用するソフト
リサイズ超簡単!Pro
作業手順
  1. リサイズ超簡単!Proに縮小したい画像をドラッグアンドドロップ
  2. 設定(師匠の選定内容)
  3. 「変換開始」をクリック
ページトップへ

マップ関係

GPSロガーデータ取り込み

作業手順
  1. LocationPlusA1本体とパソコンをUSBコードで接続
  2. LocationPlusA1接続ソフトを起動
  3. 所定のGPSデータを拡張子「gpx」形式でパソコンに保存
GPS機器の種類によって手順が異なる。GPS機器が無い場合やデータが明らかに異常だった場合は、後述するヤマレコのルート作成機能などで入手する。
ページトップへ

自前地図作成

使用するソフト
perl
詳細はマップ作成ページを参照のこと
作業手順
  1. gpsデータであるgpxファイルを所定のフォルダに移動
  2. perlにより自前地図を作成
  3. 出発前・到着後のデータを削除する
  4. gpsデータ数が多すぎるのであれば間引きする(方法説明は省略)
  5. gpsデータのほうが足りない場合は追加する
  6. gpsデータに異常がある場合
  7. perlにより自前地図を作成
ページトップへ

ヤマレコにデータをアップし山行記録作成

作業手順
  1. ヤマレコで新規山行を作成
    1. タイトル
    2. 日付
    3. ジャンル
    4. 天気
    5. アクセス
    6. コースタイム
  2. ルート -> gpxファイルをアップロード
  3. 写真
    1. 登録画像を「縮小しない」でアップロード
    2. 並び替え(EXIF情報の撮影時刻順)
    3. 地図への配置 2012年2月から導入された
    4. 画像説明
  4. 感想
ヤマレコの登録と使用方法はリンク先にてご自分で調べてください。
ページトップへ

一旦休憩

GDで簡易地図、データ解析を実施

使用するソフト
perl
作業手順
  1. makeGraphGD1.cgi を実行する ↓作成例
  2. makeGraphGD2.cgi を実行する ↓作成例
ページトップへ

画像ファイル名一覧作成

使用するソフト
お〜瑠璃ね〜む
作業手順
  1. keepした画像をサイズ変更したものを「お〜瑠璃ね〜む」にドラッグアンドドロップ
  2. メニューから「リストの全てをCSVファイルに保存」する
  3. 「山行list.csv」で保存しておく
ページトップへ

サムネイル画像作成

使用するソフト
リサイズ超簡単!Pro
作業手順
  1. リサイズ超簡単!Proに縮小したい画像をドラッグアンドドロップ
  2. 設定(選定)
  3. 「変換開始」をクリック
  4. 元画像とサムネイル画像を、HPの所定のフォルダに移動
ページトップへ

HTMLファイル作成

使用するソフト
HeTeMuLu Creator
Perl
作業手順
  1. makeHtml.cgi を実行する
  2. 山行.txtと山行list.csvなどからヤマレコに灯篭下情報を入力する
  3. ブラウザで表示確認する
ページトップへ

サーバーにアップロード

使用するソフト
FFFTP
作業手順
  1. FFFTPで所定ファイルをアップロードする
  2. エクセルファイルは容量が大きいのでアップしない
  3. ブラウザで表示確認し、データ漏れがないか最終確認する
ページトップへ

Topに戻る // 前のページにもどる
Copyright(C) 2010-2012 Grandmaster 最終更新:2012/3/29