師匠の散歩

師匠の山行記録作成手順 2015年-3版

最新の変更点

概略手順

  1. 登山
  2. 写真取り込み・加工
  3. マップ作成(makeMap2014.cgi
  4. ヤマレコ登録
  5. HTMLファイル作成(makeHtml2014.cgi)
  6. マップデータ作成(makeCSV2MAP3.cgi)
  7. 山行一覧データ作成(makeYamagyo3.csv)
  8. 8.山座同定ページ作成(tenbou/tenboulist.csv)
  9. 確認

1.登山

  1. GPS機器でトラック情報を取得。
  2. 写真を撮る
  3. 通過ポイントの通過時刻を記録(写真撮影、メモなど)

2.写真取り込み・加工

  1. 写真取り込み
  2. 時刻あわせ
  3. 画像ファイル名変更
  4. 画像編集
  5. 画像サイズ変更

3.マップ作成(makeMap2015.cgi)

  1. GPSロ機器からGPXファイルを取り込む
  2. 地図作成

4.ヤマレコ登録

  1. 通過時刻確認
    1. 写真の時刻から地点通過時刻を記録する
      師匠は時刻確認できるよう分岐地点がわかるような写真を多く撮影している
      8:00駐車場
      8:30登山口
      9:00尾根に出た
      10:00景色のいい岩
      10:30頂上
      11:40分岐は左へ
      12:00分岐はまっすぐ
      13:00渡渉
      14:00駐車場
      
    2. 地点確認
      • makeMap####.cgiでは、DOT地図も作成してある
      • DOT地図を使えば、地図上の気になる場所での通過時刻がわかる
      • 撮影した写真と地図上のポイントから、通過地点名を確認する
      • ピーク通過時刻写真と風景写真の区別がつきにくいため
  2. ヤマレコで山行記録作成
    1. 編集
      1. タイトル
      2. 日付
      3. ジャンル
      4. 天気
      5. アクセス
      6. コースタイム
    2. ルート -> gpxファイルをアップロード
    3. 写真
      1. 画像を「縮小しない」でアップロード
      2. 並び替え(EXIF情報の撮影時刻順)
      3. 地図への配置(自動にするとほぼ全ての画像が配置されるが、不要なものは手動で除外しておく)
      4. 画像説明
    4. 感想
    5. 内容確認
    6. 登録
  3. 作成したヤマレコページを保存
    1. 一般ページを全てコピー、テキストファイルにペースト
    2. 山行記録(時刻・距離など)のページをコピー、テキストファイルにペースト
    3. 写真配置ページのソースから位置情報の部分を取り出す
      1. タグを位置情報に変換して編集するよう、makeHtml2015.cgiは修正済み
    4. 山行データ(時刻、累積登攀など)を保存

一旦休憩

5.HTMLファイル作成)

  1. makeHtml2015.cgi

6.マップデータ作成(makeCSV2MAP3.cgi)

  1. データを修正
  2. データ作成

7.山行一覧データ作成(makeYamagyo3.csv)

  1. ../yamagyo3.csv
  2. ../perl/makeKiryu100B.cgiを実行

8.山座同定ページ作成(tenbou/tenboulist.csv)

  1. 山座同定エクセルで山座同定画像を作成
  2. tenbou/tenboulist.csv
  3. 地図ファイルを作成する
  4. KMLファイルを作成する
  5. ファイルをアップロード
  6. 動作確認

9.確認

パソコン上で確認
  1. トップページ修正
  2. 山行ページの確認
  3. 山行一覧ページの動作確認
  4. 山座同定一覧ページの動作確認
サーバーで確認
  1. FFFTPで新規作成したファイルをアップロード
  2. Webで表示確認をおこなう
    csvの履歴異常がある場合、一度ダウンロード直前まで表示させると良い

Topに戻る // 戻る
Copyright(C) Grandmaster Since 2010 最終更新:2015/10/21