師匠の散歩

きままにPerlでも

dallar2at関数

ヒアドキュメントを改行で分けて配列に変換/ dallar2at.cgi

この関数、どんなところで使うかというと、次のようなヒアドキュメントを複数行にしたいときに使ってます。 CGIでHTMLファイルを作成していると、作成したHTMLファイルをソースで編集することが多々あり、 そのときに適度に(自分の好きな)改行が欲しいわけです。 そこで改行して配列にしたものをファイルに書き出すということをやっています。

#----------------------------------------
# dallar2at関数
#  ヒアドキュメントを改行で分けて配列に変換
# 引数:$変数
# 戻値:@配列
#----------------------------------------
 sub dallar2at {
  my $dallar=shift;                      # 引数を取り出す
  my @files=();                          # 格納配列の宣言
  if ($dallar =~ /\n/){                  # \nがない場合に対応
    while ($dallar =~ /\n/) {            # 改行コードがあれば
      push (@files, $`."\n");            # 一番左のマッチした前半を配列に入れる
      $dallar = $';                      # マッチした後半を対象にする
    }
  } else {
    push(@files,$dallar."\n");           # 行末に改行コードをつけて配列に格納
  }
  return @files;
}

dallar2at.cgi // Topに戻る // indexに戻る
Copyright(C) 2009-2021 Grandmaster Last up : 2020/09/18