師匠の散歩

きままにPerlでも

getLocalTime2

内部関数を使わずに、独自の計算で、エポック秒から年月日時刻を求める関数を作成する。/ getLocalTime2.cgi

年月日を入力してください。


ボタンを押すと実行します
for (1..4000)
  $epock   = getTimeLocal2(0,0,0,1,0,$_-1900);
  @newtime = getLocalTime2($epock);
}
for (1..4000)
  $epock   = getTimeLocal2(59,59,23,31,11,$_-1900);
  @newtime = getLocalTime2($epock);
}
検証結果
西暦元年から4000年のあいだでは、getTimeLocal2が正しければ、getLocalTime2は正しいと考える。
紀元前の計算では、現時点では1日の誤差が発生しており、getLocalTime2は正しくない。
スクリプト(抜粋)

getLocalTime2.cgi // Topに戻る // indexに戻る
Copyright(C) 2009-2021 Grandmaster Last up : 2020/09/18