師匠の散歩

Perlで遊ぼう

04WebServer設置

自前パソコン(Windows7)をwebサーバーにする

Windowsパソコン上でPerlスクリプトを動作させるためには、パソコンをサーバーにする必要があります。今更ながらですが、Windows7でパソコンをサーバーに設定する方法を記載します。

  1. パソコンをWebサーバーにする
  2. perlをインストールする
  3. パソコンのフォルダにperlスクリプトを設置する
  4. ブラウザから、特定のアドレスでPerlスクリプトを呼び出す

WindowsXP以前で使われていたAnHTTPDはWindows7対応から外れました。ここではWindowsVista時代から師匠が使っている04WebServerを紹介します。

04WebServer

WindowsXPパソコンに設置した方法を以下に箇条書きします。

  1. 04WebServerサポートページを訪問
  2. 最新版(といっても2011年版が最新)をダウンロード
  3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストール

Windows7パソコンのWebサーバー化

以下、Windows7での動作説明です。確認ブラウザはFireFoxであり、他のブラウザ(特にIE)での確認はしておりません

ファイル準備
  1. Windowsパソコンに任意のフォルダを作成するC:\usr\htdocs\grandmaster
  2. メモ帳などのエディタを使って上記フォルダにindex.htmlという名前のファイルを作成する
    ファイルの内容を「test」とする(HTMLの説明はここでは省略します)
04WebServer.exeを設
  1. 04WebServer.exeを実行する
  2. ディレクトリ設定タブを選択

  3. 設定・編集の基本設定タブ
  4. Local Pathを書き換えるC:\usr\htdocs\grandmaster

    ここでのフォルダ接続はバックスラッシュの「¥」を使うことに注意
  5. OKを押すと設定される
  6. 04Webserverウィンドーの右上の「−」を押してタスクトレイに入れる
    「×」を押しちゃダメ
サーバー動作確認
  1. ブラウザを起動する(FireFox動作確認済み)
  2. ブラウザで次のページを呼び出す http://127.0.0.1/入力する
  3. ブラウザに「test」 と表示される
    test
  4. C:\usr\htdocs\grandmasterはあなたのパソコン用にカストマイズしてください。
注意事項
Perlを動作させるのが目的の説明です。
ネット公開のためのサーバー設置は他の詳細説明ページをご覧ください。
Windows8以降のOSについては、師匠自身が未体験のため説明はできません。

Topに戻る 戻る
Copyright(C) Grandmaster Since 2010最終更新:2015/10/21