師匠の散歩

きままにPerlでも

ディレクトリ削除

ディレクトリを削除する/ subRmdir.cgi

mkdirを使う

オーソドックスな方法で、ひとつの階層のディレクトリを削除する。存在していなかったり、ディレクトリ内にディレクトリやファイルが存在するとエラーが発生する。

ディレクトリの中に、ディレクトリやファイルが存在する場合
Directory not empty
ディレクトリが存在しない場合
No such file or directory
rmdir './makeDirectory' or errorback($!);
エラー発生、メッセージを表示してリターンします
subRmdir.cgi
  • ディレクトリの状態でエラーメッセージが変わる
  • No such file or directory

Fileモジュールを使う

深い階層のディレクトリを一度に削除する場合は、Fileモジュールを利用する。ファイルの中身があっても削除が可能。ここの例では、ディレクトリ「test3」以下が全て削除される。「test2」は削除されないので、勘違いしないこと。

atpagesの perl ver 5.10.1 で利用可能だった。

use File::Path;

 rmdir ['./test1/test2/test3'] or errorback($!);

エラー発生、メッセージを表示してリターンします
subRmdir.cgi
  • ディレクトリが無いとエラーが発生する
  • No such file or directory

subRmdir.cgi // Topに戻る // indexに戻る
Copyright(C) 2009-2021 Grandmaster Last up : 2020/09/18