師匠の散歩

きままにPerlでも

say関数

改行つき出力(Perl 5.10以降)/ subSay.cgi

Perlの出力は、print関数が使われているが、Perl 5.10以降ではsay関数も使えるという情報を得たので確認した。

仕様
use 5.010; # この1行を記述しておかないとエラーとなる
使用方法
print "Hellow World!";

say関数で記述した下記と同じ内容となる

say "Hellow World\n";

改行したい文章の行末につける \n を書く必要がなくなるのはいいことであるが、use 5.010; の宣言が無いと動かない、Perl 5.10以前には対応しない。 利用者は、使用している Perlのバージョンを確認し、実際に利用できるかどうかを確認すべきである。

使用するエディタによっては、 予約語登録機能があるので、こちらに登録しておけば、エディタでは

use strict;
use 5.010;
say "Content-type: text/html\n\n";
say "Hellow World!";
say "line feed";
のように表示されるようになる。

ちなみに、このCGIファイルでは say関数は使っていないし、5.010モジュールすら呼び出していない


subSay.cgi // Topに戻る // indexに戻る
Copyright(C) since 2010 Grandmaster Last up : 2020/09/18