師匠の散歩

2010/08/29 赤城山・黒桧山(くろびさん) 1827.6m

プロローグ

赤城山は日本100名山のひとつ。ドライブではたまに来たことがあったが、ハイキングは初めてだ。赤城山は中央に湖を持つ外輪山からなり、その最高峰が黒桧山である。ちなみに黒桧山は「くろびさん」と読むらしい。漢字は「黒桧山」と「黒檜山」の二通りがありどちらが正式なのかはよくわからない。登山口にも字の違う2種類の看板がある。また、大沼と小沼は「大沼=おの」「小沼=この」というらしい。不思議なことだが、地元に住んでいる割には「赤城山へワカサギ釣りに行ってきた」とは聞くが「おの(またはオオヌマ)に行ってきた」とは聞いたことが無い。

コース決定

数日前からヤマレコを閲覧していて、「とうもろこし」がむしょうに食べたくなった。おいしいとうもろこしと言えば赤城山。ということで、ハイキング先を赤城山に決めた。

赤城山はいろんなハイキングコースがあるが、前日、約3時間で行程が完了するという情報を見て、ルートは赤城神社→黒桧山→駒ケ岳→赤城神社に決定。自動車だと少し遠いが、最悪は高速を使えばいいやということで、朝7時すぎに自宅を出発した。

朝は余裕があったので、大胡からまっすぐ北上し赤城温泉郷を通過する道を車で走った。しかし、赤城温泉郷から先は、車の対向ができないヘアピンの連続。全部で10台ぐらいすれ違ったが、2回ほど、けっこう大変だった。軽井沢口から先は道幅も広くなった。天気もいいし、今日も快適にハイキングできるものと考えていた。

9時すぎに赤城山周遊道路に到着したら愕然となった。あちこちで短パン姿の老若男女が走っているのだ。ビジターセンターは車で満車。まさかハイキングする人たちじゃないだろうとは思っていたが、わけがわからないまま、赤城ひろば前を走ると「マラソンコース スタート」の横断幕があった。 横をみたら、9時40分から12時まで交通規制しているらしい。

帰宅後に調べた結果:第29回あかぎ大沼・白樺マラソン大会(兼第35回群馬県ロード選手権大会)

人と車でいっぱいの赤城ひろばを通り過ぎ、赤城神社の駐車場も満車だし、こりゃ帰るしかないと思っていたが、黒桧山登山口前の路肩に数台のスペースがあったのでとりあえず停車。交通整理のおまわりさんに聞くと、12時すぎなら帰れるんじゃないかとのことで、ハイキングに気持ちを切り替えた。ウェアを着替え、いざ出発。

マップ

基本はヤマレコで地図を作成。で示したポイントは、標高と周囲の地形図からの推測である。つけたしとして、自宅と駐車場までの地図も作成した。また、最近ヤマレコではGoogleEarthとの連動機能を検討中であり、3Dマップを画像にして掲載した。

20100829地形図-赤城山(黒桧山-駒ケ岳)ハイキング
地形図
20100829標高地図-赤城山(黒桧山-駒ケ岳)ハイキング
標高地図
GoogleEarth-赤城山(黒桧山-駒ケ岳)ハイキングマップ
GoogleEarth

自宅の位置はさすがに書きたくないので、往復の標高のみを記載する。ルートが違うので、行き:60km、帰り:70kmと距離が異なる。また、越えた外輪山の高さも違っている。

20100829-height-map-by-car

黒桧山と駒ケ岳ハイキング

着替えが終わって車を降りたのが9時25分、すぐ横を若い男女が登山姿で歩いていく。登山口で記念撮影していたので、こっちはさっさとハイキング開始。いきなり岩の坂道だったがすぐに見晴らしのいいところ猫岩に到着。この辺で4組8人ぐらいと会った。

猫岩から尾根沿いに登りが続く。急斜面になってからはジグザグの道になるので、登りはそれほど大変とは思わなかった。登り始めて60分で尾根に到着。ここからあっという間に黒桧山頂上に到着、山頂では6人ほどいたが、遠景が全く見えない状況だったので、少し休憩しただけで、着替えもせずにすぐ出発。

駒ケ岳頂上は2m四方の岩で人が3人ほど座っていたが、周囲は平坦なので木陰にある標識を見るまで頂上とは思わなかった。駒ケ岳から笹の道が東に伸びていたので少し歩いて風景を撮影。下りは、木もしくは鉄の階段がほとんどで、登山の下りというより長い遊歩道を歩いているような感じだった。

駒ケ岳登山口に到着したら12時前だった。赤城広場はスタートとともに「ゴール」でもあったようで、次々と選手が飛び込んできていた。12時になったということで、おまわりさんや大会関係者の人たちが、交通規制の解除を始めていた。

車に戻り、服を着替え、休憩もそこそこに赤城道路に向けて出発。

ハイキング
0925
ハイキング開始
0926
黒桧山登山道入口
0926_1
いきなり岩だらけの登り
0933_1
大沼に戻る分岐があった
0933
尾根が見えてきた
0935-stitch
猫岩から見た大沼、地蔵岳(右)と長七郎岳
0937
尾根だが岩を越えて歩く
0940
山道らしくなってきた
0953
大沼が見えるのはここまで
0959
尾根を岩の道が続く
1010
ジグザグの道になる
1012
笹が多くなってきた
1022
尾根が見える
1023_1
分岐の看板が新旧ある
1024_2
アザミ
1027_3
黒桧山頂上に到着
1027_2
1827.6mの三角点
1027
近くの山の位置
1028
この日は曇り
1030
トンボ
1031
6人の先客がいた
1034
鳥居があった
1035_1
黒桧山大神
1035
ほこら
1038
花見が原への分岐
1039
階段の下りが始まる
1052-stitch
駒ケ岳方向のパノラマ
1046
大タルミを見下ろす
1056
黒桧山0.7km、駒ケ岳0.5km
1057
黄色の小さな花
1102
大タルミ到着
1102_1
黄色い花
1101-stitch
駒ケ岳方向のパノラマ
1103
黄色い花
1110_1
ゆるい登り
1110
駒ケ岳は0.1km?
1114
峠を通り越して写真撮影
1118
駒ケ岳1685m
1122
峠の横に崖があった
1126
大沼1.2km、駒ケ岳0.2km
1126_1
関東ふれあいの道の碑
1126_2
黄色い花
1129
尾根が続く
1130
大沼1.4km、駒ケ岳0.4km
1131
ここから鉄階段が始まった
1133
岩の坂道もある
1135
黒桧山への案内
1145
鉄階段
1146
駒ケ岳0.9km、大沼0.5km
1147_1
木の階段
1151
遊歩道
1156
大沼到着
1156_1
看板
1156_2
拡大
1157_2
駒ケ岳・黒桧山登山口
1158
マラソンしている人
1159
ゴール地点の掲示板
1159_1
ゴール地点(湖側)の様子
1203
赤城神社には寄らず
1207_1
黒桧山登山口駐車場
1207
登山口まで300m
1209
車が見えてきた
1211
黒桧山登山

とうもろこし

帰路は、外輪山を越えるまでは思ったより順調だったが、なんと赤城山観光案内所から渋滞が始まった。かなり先まで信号が無いのを知っているので、大変なことになったと最初は思った。が、途中の観光地から車が入るのが原因の渋滞だったようで、それなりに車は動き、少し遅くなったが、とうもろこしの店に到着。以前来た店とは違ったが、1本食す。車で出るときに確認したら、板倉農園の看板があった。

最初から2本食べるつもりだったので、車で以前来た店を探すとすぐに見つかった。徳永農園でも1本を食べた。

赤城大鳥居をすぎ、ナビに載っていない上武道路終点を目指す。途中のコンビニでおにぎりとドリンクを買って運転しながら食べる。上武道路に入り、伊勢崎ICから高速に乗って太田ICまで走り、途中でホームセンターで買い物をしてから帰った。

とうもろこし
1258
板倉農園
1310
1本300円
1315
徳永農園で2本目
1325
いっぱい焼いていた

プロローグ

今日の目標は、第1にとうもろこしを食べることだったので、山にも登れたし、目的は達成した。黒桧山にも順調に登ることができたが、景色がもっと良かったり、花でにぎわっていたら文句が無いところであった。車の運転が結構疲れるが、約3時間と手ごろな時間でハイキングできた。

次に赤城山に来るときは、地蔵岳など他の山にもチャレンジしたいと思う。地蔵岳は、たしか、赤ちゃんだった子供らを連れてリフトで登った記憶があるので、ハイキングだとどうなるのか楽しみだ。

  1. 09:25 : 駐車場
  2. 09:26 : 登山口
  3. 09:35 : 猫岩
  4. 10:23 : 尾根分岐
  5. 10:27~10:30 : 黒桧山 山頂
  6. 10:35 : 黒桧山大神
  7. 10:38 : 花見が原分岐
  8. 11:02 : 大タルミ
  9. 11:18 : 駒ケ岳
  10. 11:57 : 大洞登山口
  11. 12:03 : 赤城神社鳥居
  12. 12:11 : 黒桧山登山口(駐車場)

indexに戻る ・・・ Topに戻る
2010 grandmaster All rights reserved. 初稿:2010/8/30、最終更新:2010/9/1