師匠の散歩

2013年10月27日(日) 浅間山を車坂峠から周回、前掛山はブリザード

概要

各種地図
Yahoo V1
Google V3
Leaflet-KML版
map
概略ルート形状
map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  • 出発時刻/高度: 06:32 / 1974m
  • 到着時刻/高度: 14:01 / 1964m
  • 合計時間: 7時間29分
  • 合計距離: 14.31km
  • 最高点の標高: 2483m
  • 最低点の標高: 1943m
  • 累積標高(上り): 1147m
  • 累積標高(下り): 1148m

天気情報

曇りのちガスのち晴れ、
のちブリザード、
のち晴れときどき曇り

駐車場

6:15到着時点でビジターセンターはほぼ満車。
下山時は周辺道路の路肩が車であふれていました。

山行時間

6:32ビジターセンターP-6:33登山口-6:43ピーク-
7:27避難小屋-7:28ピーク-7:35中コース分岐-
7:42トウミの頭-7:43草滑り分岐-
7:55定点カメラ-7:57黒斑山-
8:23蛇骨岳-8:36仙人岳-8:52Jバンド分岐-9:17賽ノ河原-
10:16お釜巡り分岐-10:08避難壕-10:28浅間山(前掛山)-
11:20食事休憩11:40-11:46賽ノ河原-12:01湯の平口-
13:05トウミの頭13:11-13:17中コース分岐-
14:00登山口-14:01駐車場

登山経路

登山ポストは車坂峠登山口の案内図の横にあります。かなり古くてほんとかなと思いましたが、登山届の紙がいっぱい入っているのでその上に入れてきました。

ルートで間違うことはないと思います。土の坂は滑りやすく、草滑りと車坂への中コースを下る場合は注意しましょう。私は中コースの途中のところにある窪地でコントのバナナみたいに思いっきり滑りましたが、ザックで受け身がとれたので1秒後には歩いていました。

尾根にある窪地で水たまりがあちこちにありました。ある意味渡渉技術が問われるところがいくつかありました。

今回、草滑りを登りで通過しましたが、踏跡がなくなる岩場が1か所、巨大段差を迂回するので巻き道だと思ったら三点支持で1m登る岩がありました。

あと、さいの河原から避難所までが直線の長い登りが延々と続きます。途中で休憩を入れたくなるような広場・ランドスケープ・展望が無いので非常に疲れます。

最後に、猛烈なブリザードでは体はあまり寒いとは思いませんでしたが、手がめちゃくちゃ寒かったです。なので、防寒着はそこそこでも手袋はスキー用の分厚いのが欲しかったです。

写真(山行)

061744.jpg
下界はガスガスでしたが道路を登ってくると快晴になり、車坂峠直前では見事な紅葉になっていました
063231.jpg
ビジターセンターは閉まってます
063354.jpg
登山口の案内板の左に登山届があります。白紙用紙とペンはありませんでした
063504.jpg
まずは表コースに進みます
063746.jpg
これがあの「ワロス」かぁ
065322.jpg
車坂山からは結構下って登り返します
065510.jpg
ガレ場ですが歩きやすいです
070141.jpg
ガレ場では展望が効くので車坂峠がきれいに見えました
070259.jpg
ここでガレ場から樹林帯になります
071410.jpg
黒斑山でしょうか、木の枝が樹氷みたいです
072014.jpg
巨大な霜柱がずっと続きます
072745.jpg
避難所
072839.jpg
槍ヶ鞘。カラマツもシャクナゲも真っ白
073112.jpg
右では写真撮影をされている人(地元だそうです)がおられます。浅間山はガスの中ですが、下界の紅葉がきれいなのでテンションがあがります
074200.jpg
トーミの頭まできたらガスガス。ルートを見てもらったらわかる通り、トーミの頭の北側の崖から回り込みました。ガスで何も見えないので落ちたら危険とは思いましたが高度感ゼロです
074252.jpg
少し歩いて撮影。左の段差のところを歩いてたんだな。やっぱ落ちたら死ぬな
074350.jpg
今日は周回したいので黒斑山に向かいます
074543.jpg
尾根の水たまり。朝はほとんどが凍っていました(割れてしまったら悲しいので氷の上は行きません)
074948.jpg
ところどころに展望台があるのですが、ここは崖沿いと樹林帯が並行になっている箇所です。いかにも危険そうなところなので樹林帯を行きます
075558.jpg
これって定点カメラ(WEBカメラ)でしょうか
075738.jpg
黒斑山に到着。4人ほどが朝食をとられていました。あいにく周囲はガスガスのまま
081051.jpg
尾根を歩いていたらいきなり真っ青な空が出てきました
081456.jpg
ここは笹藪。今日は大丈夫でしたが、朝露があるとふとももがびしょびしょになってしまうところです
081544.jpg
浅間山のガスがすこしづつ少なくなっているようです
082350.jpg
このあたりから人が多くなってきました。下界は川が見えるので嬬恋村みたいです
082555p.jpg
蛇骨岳を崖側に行ってパノラマ。逆行がきつくて下界の紅葉がぼやけてしまいます
082742.jpg
北側斜面のきれいな樹氷
083457.jpg
仙人岳から黒斑山方向の稜線
083642.jpg
仙人岳で浅間山がピカッっと晴れました
083704.jpg
前掛山と浅間山がきれいに見えます
085215.jpg
Jバンド
090509.jpg
あるきやすい傾斜を下って降りてきました。あちこちでパノラマを撮りまくり
090706.jpg
降りてきた道。人が3人ほど歩いています
091115p.jpg
ほぼ360度パノラマ
091718.jpg
赤、黄、緑、そして青い空
091751.jpg
賽ノ河原と言う割に石はほとんどありません
092026.jpg
賽ノ河原から急に人が増えてきました
095728.jpg
どこまで行ってもまっすぐの登り坂。休憩したくなる場所もなく、黙々と歩ける樹林帯のほうが楽です
095731.jpg
反対側を見るとよい景色。下りは楽しいんだろうな
100611.jpg
傾斜がゆるくなったと思ったらいきなりガスガス。元気があればお釜めぐりをするとして、まずは前掛山へ
100802.jpg
シェルターには10人ほどが待機状態でした。ここでレインウェアを着こみ、暴風の中へ突入!
102832.jpg
なぜか山頂周辺10mだけ風がありませんでした。でも指が冷たくて痛くて笑おうとしましたが、しかめっ面のオヤジです
111005.jpg
デスゾーンを抜け少ししたら外輪山がきれいに見えるようになりました
111901.jpg
後ろを見たら浅間山が晴天に。まあ、この晴天も1時間続かなかったので、暴風の中登頂できたのでよしとしましょう
112629.jpg
ザックのポケットに入れていたペットの中が凍って、氷が浮いていました
113326.jpg
今日は煮込む時間がおしかったので袋めんではなくカップめんにしました
114831.jpg
シラタマノキのようです
114903.jpg
アカモノ?コケモモ?
115918.jpg
首なし地蔵
120117.jpg
湯の平分岐
120729.jpg
草滑りは概ねこんな傾斜の登りが続きます。濡れていないし登りなので滑ることはありません
120935.jpg
トーミの頭の右のコルまで登りますが、すごい傾斜です
122157.jpg
何か所かで撮影しましたが、浅間山山頂はガスがかかっていました
124719.jpg
斜面は急ですが道は歩きやすくなっています
130518.jpg
岩場にて外輪山
130556.jpg
トーミの頭には20人ほどいたでしょうか。きれいな浅間山が見えました
131706.jpg
帰りは違う道が好きなので中コースを通ります
132118.jpg
ぐるっと松。緑の葉がついているので生きてます
132657.jpg
半分溶けてる川のような道です
133316.jpg
ここの少し先ですってん転びました。岩も何もないところなので気を抜いたのが敗因です
134022.jpg
朝の表コースと間違うようなガレ場で下界の景色
134803.jpg
松の葉がおちて歩きやすくなっています
134928.jpg
ここから左の沢と右の平坦な道に分岐があり、楽そうな右を通ります
135432.jpg
階段を抜けたらいきなり平坦な道に。このまま登山口まで平坦だったらいいなと思ってたら
135939.jpg
分岐があって右をみたらビジターセンターでした。案内図があった登山口に行かずに戻れそうです
140036.jpg
ビジターセンター駐車場は10台以上が帰宅済みで、周囲の路肩は車だらけです
140746.jpg
ビジターセンターで、4種類のうち緑のバッジ(500円)を買って帰りました。なお、自動販売機の500ccペットは200円で、暖かい缶コーヒーは売っていませんでした

感想

この日は台風一過で、2週間前に車のパンクで棄権となった会津駒ケ岳のリベンジを予定していましたが、前日の雨雲レーダーでは谷川から尾瀬はずっと雲がかかっています。気温が低いので雪の可能性があり、木道が濡れてると非常に危険だと思ったのでやめにして。。。

やっぱり百名山!藪山ばっかじゃ面白くない!

てことで、群馬から近くてまだ登ってないし、紅葉がこれからのはずだし、なにより雨が降らない天気予報だったので浅間山に決定!

早朝暗いうちに出発して、新しくできた佐久北ICで高速を降ります。小諸ICで戻ってくることしか考えてなかったので少し得した気分です。順調に車坂峠ビジターセンターに到着しましたが無料駐車場はほぼ満杯。6時過ぎなのにさすが紅葉の時期の100名山はすごいです。隣の高峰高原ホテル駐車場も車であふれていました。

今日は紅葉を楽しみ、外輪山を楽しみ、ブリザードに泣き、草滑りで太ももを酷使し、いろんな登山が楽しめた一日でした。

でも、今日は単調な登りが続く辛いコースだったので、次に来るときは別の登山口から来るとしよう。と思うのは、川場野営地から登った武尊山以来です。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2013 Grandmaster 最終更新:2013/10/29