師匠の散歩

2014年05月31日(土) 法師岳まで郡界尾根をピストン、しゃくなげとヒメイワカガミ

概要

各種地図
Yahoo V1
Google V3
Leaflet-KML版
map
概略ルート形状
map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  • 出発時刻/高度: 05:04 / 1154m
  • 到着時刻/高度: 14:42 / 1150m
  • 合計時間: 9時間38分
  • 合計距離: 15.77km
  • 最高点の標高: 1942m
  • 最低点の標高: 1150m
  • 累積標高(上り): 1221m
  • 累積標高(下り): 1208m

天気情報

晴れ時々くもり

午前中は快晴で良い天気でした。しかし、11時ごろから肌寒い風が吹き、遠くで雷が鳴り出しました。一時はパラパラ雨が降ってきました。
本降りになる前に郡界尾根を飛ばして下山しましたが、境の十二様付近で暖かい風に変り雷雲もどこかに行ってしまいました。その後は、暑い夏の日差しとなりました。
法師岳で日焼け止めを塗りましたが汗で落ちたのか、お風呂で痛くなりほど日焼けしてました。

駐車場

郡界尾根駐車場

朝5時前なので一番乗り(当然)。下山時は路肩にも停まっていたので、合計10台ぐらい来ていたと思います。
帰りも122号線小中交差点に向けて走りましたが、大滝見物なのか10台以上とすれ違いがありました。すれ違いができないブラインドコーナーが続くので、峠に慣れていない人はご注意ください。
大滝から郡界尾根Pまで、落石があちこちあります。落石は中央と両端にあって、車一台が走るだけなら大丈夫。対向するときに路肩に寄せるときは要注意。穴の段差も数か所ありますのでパンク注意です。

山行時間

5:04郡界尾根P-5:21尾根-5:33八重樺原-6:04境の十二様-
7:01後袈裟丸山7:05-7:35中袈裟丸山-8:36三角点袈裟丸山-
8:51奥袈裟丸山-9:34小法師岳分岐-9:44法師岳10:00-
10:53奥袈裟丸山-11:09三角点袈裟丸山-12:16中袈裟丸山-
12:45後袈裟丸山12:52-13:38境の十二様-14:10八重樺原-
14:21尾根-14:42郡界尾根P

総山行時間:9時間38分

GPXデータはiPhone5+DIYGPSで取得。尾根のみだったので受信状況が良かったらしく、ひさびさにデータ飛びがありませんでした。

登山経路

■郡界尾根P〜後袈裟丸山
踏み跡は濃くルートミスは無いと思います。不明な分岐が数か所ありましたが、倒木で通せんぼしてありました。

■後袈裟丸山〜奥袈裟丸山
しゃくなげや笹の藪では、踏み跡から外れないようにします。踏み跡を見失った場合、東側の尾根に戻れば踏み跡が出てきます。テープ類もかなりありますので、踏み跡と合わせて歩けばよいかと思います。
三角点袈裟丸山と奥袈裟丸山のコルでは、マイナールートを歩くと崖を5mほど歩いて踏み跡に戻ることになります。間違って崖に落ちるとアウトなので、生死で注意するのはここぐらいかと思います。

■奥袈裟丸山〜法師岳
今回初めて歩きましたが踏み跡がほとんど見つかりません。1932Pの北のコルから法師岳まで地形図の破線に踏み跡があったぐらいで、広い笹のコルでは踏み跡どころかテープ類も見つかりません。
奥袈裟丸山から行く場合、法師岳がかなり低いので法師岳のピークを目視できず、地図だけで歩くのはかなり困難で、地図とコンパス必携、できればGPSが必要だと感じました。奥袈裟丸山に戻る時はピークが確認できるので、方向を間違うことはないと思います。

■雪渓
奥袈裟丸山から北で少しありましたがアイゼンは不要。堅い雪はキックステップで。腐った雪は踏みぬき注意。雪は踏み跡を消すのでルートミスしないように。

■藪対策
シャクナゲの藪は、足元は肩幅ありますが胸のあたりは隙間が無く、体で押し分けて進む感じとなります。そのため、半そでだとかなりの擦り傷ができるので、傷が厭な人は長袖の準備をしてください。僕は既に腕が藪傷だらけなので気にしませんが。
それから、コメツガが頭の当たりに葉を出していて、かがんで歩くとコメツガの葉が大量に落ちて首筋が気持ち悪くなります。対策案はちょっと思いつきません。今日は4回ぐらい、シャツを脱いで裸になって葉を落としてました。

写真(山行)

050422.jpg
郡界尾根登山口に登山ポストがあります。白紙用紙とペンも置いてあります
052118.jpg
尾根に到着
052248.jpg
気持ちのいい場所です
053002.jpg
濃い紫、時期的にサクラスミレだと思います
053340.jpg
八重樺原
054746.jpg
シロヤシオ
054928.jpg
ヤマツツジは終わりかけ
055702.jpg
このあたりはシロヤシオの群生です
060404.jpg
境の十二様から岩尾根になります
061923.jpg
これこれ、シャクナゲが見たかった
062515.jpg
急な登りその1
063746.jpg
064220.jpg
急な登りその2
070210.jpg
後袈裟丸山で休憩。今日はひと房100円のバナナとパンと水
070511.jpg
前袈裟丸山を見下ろすのは気持ちいい
070529.jpg
おっと、奥袈裟丸山じゃなく皇海山でもなく庚申山が指標になってる
070813.jpg
手前が中、一番左が奥、次が三角点
071123.jpg
このあたりの藪では、一目で左(シャクナゲが咲いている)の踏み跡を見つけないと前に進めません
071523.jpg
鋸11座が見え、その向こうは日光白根山
072059.jpg
尾根を外れる方向に複数の踏み跡があります。戻る時はもっとルートが見えてしまうので注意
073559.jpg
中袈裟丸山から北方面はあまり良い景色じゃない
073931.jpg
この倒木は下をくぐりました
074338.jpg
90度曲がって下るポイント
074430.jpg
倒木だらけですが踏み跡とリボンを辿ります
080212.jpg
戻りもここを通ったので、ここは正規ルートです
080550.jpg
ヒメイワカガミの岩テーブルはひっそりしていました
081630.jpg
この岩を左に巻いて大失敗、シャクナゲの森をよじ登って尾根に戻りました。ここは岩の上を通過するのが正解
082210.jpg
皇海山から庚申山まで見えてます。これは山名同定しなくちゃ
083248.jpg
雪が残ってました
083619.jpg
三角点袈裟丸山。点名:鞍見
083907.jpg
倒木が多いです
085112.jpg
奥袈裟丸山到着
085325.jpg
三角点峰、後、中袈裟丸山
090024.jpg
このあたり、まだ踏み跡らしきものがあります
091001.jpg
踏み跡を全く見失いました。ピークも見えず、方向はGPSだよりです。倒木があるのでうろうろしてます
091400.jpg
とりあえず尾根に来ましたが、なんだか良く分からない場所です
091906.jpg
そうこうするうちに踏み跡に合流しました
093350.jpg
小法師岳へ向かう尾根は右側ですけど、どこだか見えません
093414.jpg
意外と踏み跡があったりするんですよね
093654.jpg
また踏み跡が無くなってます
094422.jpg
破線ルートは途中から踏み跡になり法師岳到着
094802.jpg
セルフ
100450.jpg
戻る時は奥袈裟丸山のピークが見えるので方向は迷いません
102043.jpg
こけ蒸した場所はどこも踏み跡に見えるので困ります
103020.jpg
東面はかなり切り立ってます。写真右に回り込んで尾根を歩かないといけないみたいです
104020.jpg
踏み跡の上の雪渓はじゃまです
104604.jpg
シャクナゲトラップ。こちらからは通過が無理なので、枝を踏んで越えました
105313.jpg
法師岳へは、写真のまっすぐ左に行く感じになります
105653.jpg
三角点袈裟丸山は左から2つ目のピークです
110152.jpg
シャクナゲの森。足元は踏み跡があるのに、体を通してくれないところが数か所ありました
114229.jpg
岩テーブルの裏側にヒメイワカガミのつぼみがありました。ちょっとグロテスク
115451.jpg
戻りはかなりの確率で踏み跡を辿っています
115636.jpg
中袈裟丸山もなかなか切り立ってます
121257.jpg
中袈裟丸山山頂。粘性菌?
121619.jpg
中袈裟丸山のしゃくなげ
123701.jpg
おっと、崖のところにヒメイワカガミ発見。下まで降りたいけど滑落がいやなので、すぐ足元のだけ撮影
123741.jpg
ヒメイワカガミが咲いていた場所は、こんな風景が見えるところです
125219.jpg
しゃくなげ
125707.jpg
ミツバなのでミツバオウレンでしょう
125725.jpg
この場所だけ、こんな感じで群生してました
135515.jpg
小ぶりの花のヘビイチゴ
135914.jpg
南西尾根を歩くときに備えパノラマ撮影してます
141116.jpg
ジュウニヒトエですか?
144005.jpg
長い膝に厳しい階段が終わり、駐車場に戻ってきました

感想

今日はの山行目的は下の4つで、2番以外は達成することができ、満足です。
1.法師岳まで歩く
2.南西尾根を歩く
3.シャクナゲを見る
4.ヒメイワカガミを見る

南西尾根を選択しなかったのは、奥袈裟丸山〜法師岳が思ったより時間がかかり南西尾根を歩く時間が厳しかったのと、雷の鳴る中で人がいない南西尾根を歩きたくなかったのが理由です。

まあ、南西尾根よりも、ピンクでかわいいヒメイワカガミを見つけることができたので大満足です。

今日はかなり暑くなる予報だったので水3Lを準備しましたが、涼しい風が吹いたこともあり2.5Lで済みました。水場が無い長距離ルートはほとんどないので、日帰りなら3Lもあれば普通は十分かもしれませんが、現在計画中の「鶏冠山木賊山周回・甲武信小屋寄らず」で何リットル準備するか悩んでます。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2014 Grandmaster 最終更新:2014/06/01