師匠の散歩

2015年07月12日(日) ワタスゲ咲く快晴の燧ヶ岳を御池からピストン

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 07:37 / 1519m
  • 到着時刻/高度: 14:29 / 1518m
  • 合計時間: 6時間51分
  • 合計距離: 11.42km
  • 最高点の標高: 2309m
  • 最低点の標高: 1507m
  • 累積標高(上り): 885m
  • 累積標高(下り): 887m

天気情報

晴れ

駐車場

御池駐車場

群馬から高速を使い、下道もがんがん走って3時間で御池に到着。帰りは佐野藤岡・館林で事故渋滞があったので佐野ICで下りて50号を使って約4時間で帰宅。

朝7時30分御池駐車場に到着すると入口表示は「混」で約8割埋まってました。ほとんどの人がバスで沼山峠に向かわれるのか、奥の登山口側はかなりすいてました。

山行時間

7:37御池駐車場-7:38登山口-8:02(2合目)-
8:22広沢田代-8:55(5合目)-9:13熊沢田代-9:26(6合目)-
9:36水場-9:41(7合目)-10:06(8合目)-10:16(9合目)-
10:32燧ヶ岳俎嵓10:40-10:48コル-11:08燧ヶ岳柴安嵓11:42-12:08俎嵓
13:06熊沢田代-13:47広沢田代-14:26登山口-14:29駐車場

総山行時間:6時間52分

登山経路

登山口から広沢田代まで岩の急坂が続きます。泥で茶色い岩はすべるし段差が大きいので、特に下りでは要注意です。たった30分ですが靴や手が汚れるし気が抜けない時間帯でした。かなりゆっくり下りましたが膝へのダメージが残ってしまいました。

途中の湿原は天国のようでした。休憩所が狭いですが歩くだけで十分楽しめます。熊沢田代の上のほうの木の階段が崩れて大きく傾いています。晴れていても滑りますので雨の日は厳重注意です。

雪渓はステップがあるのでゆっくり歩けば問題ありませんが、下りではかかとを打ち込んで歩くことが多かったです。軽アイゼンを持っていれば雪渓のど真ん中を気持ちよく歩くことができるでしょう。ステッキやストックも効果的です。

燧ヶ岳は双耳峰で、北のピークの俎嵓は平坦なところがほとんどなく休憩には適しません。柴安嵓に日本百名山標識があって平坦なところが多いのですが、大きく下って登り返すのが嫌われるのか人が少なかったです。土の平坦な場所なのでコンロが使いやすく、尾瀬ヶ原を見下ろしてゆっくり食事ができるので休憩には絶対お勧めです。

写真(山行)

073857.jpg
駐車場の一番奥からスタートします
074018.jpg
すぐに燧ヶ岳への分岐
074100.jpg
この巨大生物はミズバショウです
074202.jpg
平坦なところはすぐに終わり階段が始まります
075237.jpg
岩の登りとなります
080216.jpg
まだまだ岩が続きます
080831.jpg
やっと平坦になりました
081447.jpg
すぐにイワカガミが出迎えてくれます
081500.jpg
マイヅツソウはこのあたりでだけ見かけました
081620.jpg
ゴゼンタチバナとツマトリソウ
081706.jpg
ワタスゲです
081816.jpg
ウラジロヨウラク
081821.jpg
ハクサンシャクナゲ
081919.jpg
湿原が始まりました
081934.jpg
チングルマの変身後
082019.jpg
探せばモウセンゴケだらけ
082056.jpg
タテヤマリンドウ
082140.jpg
花の落ちたイワカガミ
082207.jpg
トキソウがちらほら咲いてました
082216.jpg
向きを変えてトキソウ
082241.jpg
広沢田代の中央
082349.jpg
ハナニガナ
082436.jpg
背の低いウラジロヨウラク
082519.jpg
ワタスゲだらけの広沢田代はそろそろおしまい
082738.jpg
草をかき分けツマトリソウ
083144.jpg
タテヤマリンドウ
083927.jpg
キヌガサソウは1輪だけ見ました
084309.jpg
シラビソの先になにかついてます
084642.jpg
樹林帯はアカモノをよく見かけます
085551.jpg
0.5時間で半分まで来ました
090529.jpg
山頂が見えました。7合目の崩落地と登った雪渓が見えます
091125.jpg
熊沢田代の幸せなひと時
091452.jpg
湿原のシャクナゲ
091646.jpg
イワカガミは湿原にもたくさん咲いてます
091724.jpg
チングルマ
092135.jpg
階段とチングルマの群生
092613.jpg
ミツバオウレンも咲いていました
092622.jpg
熊沢田代が終わると6合目
093600.jpg
ここを5mほど登って水を500cc採取
094140.jpg
登った記憶はほどんどなく7合目
094349.jpg
新潟のへの字が苗場山で群馬のへの字は四郎岳
094728.jpg
少し風が出てきて気持ちいい
095116.jpg
水がバシャバシャ流れてます
095314.jpg
雪渓は左側のステップを一歩一歩
100621.jpg
雪渓が終わったら8合目
100926.jpg
下から見えてた茶色いところを歩きます
101651.jpg
すぐに9合目
102636.jpg
ここからの直登にげんなりします
103153.jpg
オトギリソウも1輪だけ見ました
103219.jpg
登り終えたら俎嵓(まないたぐら)、二等三角点:燧岳
103237.jpg
祠や三笠山などの石板がたくさんあります
103410p.jpg
岩の上でパノラマ
104554.jpg
下り初めたら、シロバナヒメイワカガミを見つけました
104815_stitch.jpg
コルからの登り返しが結構あります
105800.jpg
おっと雪渓(ぬかるみ)があります
110832.jpg
燧ヶ岳の主峰ながら日本百名山標識以外何もない柴安嵓
111606.jpg
でも展望広場は広くて人が少ないので昼食にはぴったり
113853_stitch.jpg
お湯を沸かす間にパノラマ
114815.jpg
岩の影でミヤマキンバイが群生していました
120035.jpg
真っ白なハクサンシャクナゲ
120049.jpg
ピンクのハクサンシャクナゲ
120101.jpg
小さな花のコケモモ
120855.jpg
俎嵓に戻ってジドリ
122838.jpg
下りの雪渓はめちゃ緊張します
124810.jpg
朝は咲いていなかったはずのサンカヨウ
125549.jpg
幸せな時間が始まりました
125710.jpg
太陽をいっぱい浴びたチングルマ
125715.jpg
元気いっぱいタテヤマリンドウ
125925.jpg
いつ崩落するか心配な木道
130036.jpg
コバイケイソウが咲き始めています
130652_stitch.jpg
熊沢田代でパノラマ
132939.jpg
白い花が残ったミズバショウを見つけました
135046.jpg
おっとベニサラサドウダンも咲いてました
135429.jpg
湿原が終わるとゴゼンタチバナが咲いてます
141214.jpg
長いけど気の抜けない下りが続きます
142537.jpg
平坦になったらすぐに登山終了です
142619.jpg
登山口に白い花が咲いてました
143414.jpg
下山後のご褒美は、アイス150円とコーラ200円

感想

12日の日曜日は関東全域で晴天が約束されたようなもので、土曜日も晴れていたので梅雨のぬかるみはかなり解消されているはずです。行先は前日まで苗場山か平ヶ岳を考えていましたが、朝起きて燧ヶ岳に気が変わり車を発車する時点で行先を御池駐車場にセットしました。もちろん、DropBoxに燧ヶ岳.KMZが入れてあるのは確認済みで、車を走らせながらiPhoneのGPSに読み込ませました。

御池駐車場に到着すると車がぎっしり。でも西の登山口を利用する人は少ないのか駐車場西側が空いてます。登山道は前後に人がいない時間が多く、のんびり花撮影と景色を楽しむことができました。俎嵓の狭い頂上に20人以上が集まっていて、登り返した柴安嵓は平坦なところが多いのに人の少ないのが不思議でした。

花はニッコウキスゲこそ見ませんでしたが、姿の変わる前後のチングルマと咲き始めのコバイケイソウ、無数に咲いているイワカガミとタテヤマリンドウと、十二分に花を堪能することができました。

7月の割に晴天でも遠くまで見通すことができ、頂上のパノラマ画像に山座同定するのが楽しみです。パノラマ画像のあちこちで分断ができているようなので、山座同定で最近使いだした「山座エクセル最優先、写真は分断・傾斜・縦横縮尺変更でつぎはぎ」とする予定です。

本日は、水は2L(ペットボトル4本)を持参し、登りに500cc下りは1L を獲得しました。下山したら500cc残っただけでしたので、トータル3L消費しました。湿原は太陽を遮るものがなく風が吹かないとほんとに暑かったので、途中の水場便りで空の容器を多く持って登られるとよいかと思います。水場は雪渓が溶けた水なので冷たくてめちゃくちゃおいしかったです。

また、防虫のためネットハットを持っていきましたが、いつものキャップしか使いませんでした。コルは確かにハエが多くて困りますが、どちらのピークも虫はおらず平和な食事がとれました。腕に塗ったUVクリームの涼感成分が効いたのか虫刺されもありませんでした。実際、防虫ネットをかぶる女性は見かけませんでした。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2015 Grandmaster 最終更新:2015/07/14