師匠の散歩

2015年07月26日(日) 晴天の根子岳と四阿山を時計回りで

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 07:48 / 1575m
  • 到着時刻/高度: 14:00 / 1588m
  • 合計時間: 6時間12分
  • 合計距離: 12.73km
  • 最高点の標高: 2316m
  • 最低点の標高: 1571m
  • 累積標高(上り): 935m
  • 累積標高(下り): 928m

天気情報

晴れ

駐車場

菅平牧場駐車場

上の段から第5駐車場まであるようです。26日7時30分到着で第3駐車場の半分まで埋まっていました。下山時は大型バス1台と第4駐車場の半分ぐらいまで停まっていました。

牧場の手前約1kmのところに小屋があり、200円を払うと、チケットと案内図をもらいます。お金を支払う時「出るときにチケットを見せて」と言われます。車からチケットを見せるだけでよかったです。安価な自動販売機とトイレを個人の土地で整備されているので、200円は十分安いと思います。

菅平といえばラグビー・サッカーの合宿の聖地。少なくとも100番までグラウンドがあり、早朝からあちこちにスポーツウェアの若者がうろついています。夏休みの間は土日・平日に関係なく大型バスと歩行者に注意です。

群馬南部から赤城大鳥居の前を通り、R17、R353、R145、R144とオール下道で、行き帰りとも約3時間の運転で走ることができました。

山行時間

7:48菅平牧場駐車場-07:49菅平牧場登山口-08:12東屋
-09:21根子岳09:35-10:04大スキマ-10:42四阿山・根子岳分岐-
11:07四阿山-11:14三角点-11:21四阿山11:40-
12:00四阿山・根子岳分岐-12:28中四阿-13:02小四阿-
13:55中四阿道登山口-14:00菅平牧場登山口

総山行時間:6時間12分

登山経路

過去ログをいくつか読み、ガレ場の下りが少ない時計回りを選択しました。樹林帯の岩の段差はそれほどでもなく、いくつかのぬかるみも問題なく通過できました。注意はしていたのですが、小四阿のあとのほぼ平坦なガレ場でボテッと転んでしまいました。転ぶ瞬間に出さないといけなかった左足がつっていたという笑い話でした。なぜか擦り傷だけで済みました。

根子岳の西は崖になっています。きれいな花が沢山咲いているので写真撮影でかがみこみたくなりますが、バランスを崩して滑落しないようにしましょう。

時計回りのもう一つの利点は、後半の最後に最初で最後の水場(沢)があるということ。疲れた体で水浴びは気持ちいがいいです。最後に北アルプスを眺めなが下る反時計回りもいいですが、この日は午後から雲が多くなりましたので、北アルプスを早朝のうちに眺めておけたので時計回りで良かったです。

写真(山行)

065534.jpg
R144で田代湖をすぎてすぐ右に絶景が現れました。晴天の四阿山か楽しみです
074812.jpg
第3駐車場から歩いてすぐに登山口。登山ポストとトイレがあります
074925.jpg
樹林帯ではウツボグサがあちこちで咲いていました
074942.jpg
オトギリソウは頂上のほうにも咲いてます
075005.jpg
ヤマハハコ
075035.jpg
アザミ
075119.jpg
ヤマブキショウマかな
075158.jpg
たぶんイブキジャコウソウ
075231.jpg
こんなにたくさんのハクサンフウロを見るのは初めて
075401.jpg
葉の形からヤナギランのつぼみ
075459.jpg
ヤナギランがここにだけ群生してました
075754.jpg
マルバダケブキのちょっとだけよ
075816.jpg
ムラサキツメクサ
075900.jpg
ホタルブクロ
075911.jpg
5枚花びらのニガナはここでは少数派
075936.jpg
ミネウスユキソウ
080232.jpg
キバナノヤマオダマキ
080256.jpg
こちらはちょっと色がついているのでヤマオダマキ
080339.jpg
オオバギボウシ
080355.jpg
調査中
081004.jpg
樹林帯を抜けたら東屋。北アルプスの稜線がくっきり、左に富士山も写ってます
081103.jpg
東屋から根子岳
081210.jpg
気持ちのいいダケカンバの林を登ります
082153.jpg
ほぼ半分
082814.jpg
石段を使わず土の坂を使って歩きます
083653.jpg
ヤマブキショウマ
084626.jpg
シャジンは仲間がいっぱい、とりあえずヒメシャジンとしておこう
084643.jpg
可憐なハクサンフウロが好きです
084656.jpg
ちょっと日陰に多かったウスユキソウ
084819.jpg
脇道があったので行ってみたら八合目石がありました
084938.jpg
花びらが7枚だからシロバナノハナニガナ
085043.jpg
どっしりマツムシソウ
085227.jpg
シロバナノハナニガナ
085318.jpg
オオバダケブキ
085636.jpg
エゾシオガマ
085704.jpg
調査中
085740.jpg
シュロソウらしいです
090047.jpg
三つ並んで綺麗に咲いてたオトギリソウ
090256.jpg
もうすぐですね
090439.jpg
クロマメノキかな
090527.jpg
ここから根子岳まで振り返れば絶景が待ってるので、時間稼ぎでなるべく振り返らない
090716.jpg
コキンレイカ
091605p.jpg
たまに振り返ってパノラマ
091654.jpg
花の落ちたイワカガミ
092131.jpg
根子岳に至るって、すぐ目の前が山頂なんですけど
092350_stitch.jpg
祠の横で360度パノラマ
092736.jpg
逆光の記念撮影
092838.jpg
「南無」まで読めます。どうやってこの岩を持ってきたのでしょう
092845.jpg
1カラン鳴らしました
092959.jpg
穂高連峰拡大、スマホではこのサイズが限界
093148.jpg
頭の大きさをはるかに超えるミヤマシシウド
093519.jpg
崖の上でパノラマ
093739.jpg
ヒメシャジンの群生。崖を下って撮影したい
093809.jpg
ピンクのハギはいっぱいあったので、シロバナノハギかな
094049.jpg
木蔭の岩場に咲いていたゴゼンタチバン
095208.jpg
四阿山まで大きく下って登り返します
095558.jpg
超s中
100546_stitch.jpg
コルでパノラマ
100714.jpg
クルマユリ
101421.jpg
地味な樹林帯の登り返しが足にこたえる
104419p.jpg
展望が開けたところから根子岳を振り返って
104522.jpg
平坦な道
104621.jpg
分岐を通過
105151.jpg
ちょっと気の早いアキノキリンソウ
105316.jpg
階段を登る人が見えます。頂上まであと少し
105823.jpg
階段。少し登って右に行くと鳥居峠への分岐
110537.jpg
平坦になったところに奥社西宮
110618.jpg
個人的にはこちらの祠が気に入りました
110659.jpg
東宮の横の岩は斜めに積まれてるので、登るのはもちろん近寄るときは崩れるのを覚悟しましょう
110745.jpg
記念撮影
110900.jpg
ザックをデポして三角点峰に向かいます。途中で30人の団体さんとすれ違い
111458.jpg
あやうく見逃すところだった、二等三角点「吾妻山」2333.2m。ちなみに根子岳の西には壱等三角点「猫岳」がある
112218p.jpg
四阿山で360度パノラマ
112750.jpg
一人ベンチが空いていたので陣取り。山頂は岩が多くて狭いので、団体さんなら分岐か根子岳での昼食をお勧めします
114242.jpg
ジドリ棒で撮影、山頂碑はもう一本ありましたがどちらも「妻恋村=群馬県」のものでした
114851.jpg
ハナニガナが沢山
120042.jpg
分岐から南へ
120817.jpg
浮石の多いザレ場は注意して歩きます
122024_stitch.jpg
正面のコブが中四阿で登り返しです
122218.jpg
クルマユリ
122223.jpg
オオバダケブキ
122755.jpg
指標左の岩を登れば中四阿だったようですが、何気に巻道を進みました
123210.jpg
振り返って撮影、登りだと中四阿へ行きやすい
124332.jpg
ハクサンフウロとミネウスユキソウを撮影した直後に転倒。ごろりと回ってすくっと立ち上がり体調チェック。少し擦り傷があっただけで打ち身は無かったようです。
124426.jpg
ここを右に曲がれば登山は終了でした。気を抜いてしまったことが残念
124713.jpg
オオバダケブキと歩きやすい道
125210.jpg
岩は多いけど快適なハイキング道
130250.jpg
三等三角点「中ノ沢」は未確認、すぐ横で四阿山をチェック
131045.jpg
ふっくらホタルブクロ
133025.jpg
オオバギボウシ
133237.jpg
劇的に平坦な道になりました
133406.jpg
キバナノヤマオダマキ
133645.jpg
何も考えずに三叉路を左下に行きましたが、指標に従えばまっすぐでした。迷わなくてよかったです
134008.jpg
冷たい沢の水をくみだして水分補給
134209.jpg
少し歩けば大きな沢になりました。水を頭にかぶって元気回復
134321.jpg
これが通れない木橋と渡渉岩
134903.jpg
牧場の柵に沿って歩きます
135440.jpg
しばらくして登山口に到着
135609.jpg
さてどちらに行くのかGPSで確認。って道に矢印が書いあるじゃないか
140013.jpg
休憩中の牛さん
140049.jpg
本日はここで登山終了
140746.jpg
ソフトクリームを頼んだら、アイスカートリッジを持つおばさんの手が目の前を通り過ぎていった
140953.jpg
14時過ぎで車は半分ぐらい残ってました

感想

花の多い山ということで最近チェックしていた四阿山(あずまやさん)。高速を使わなくても3時間前後で到着できるのも魅力の一つ。長野原町のR145は八ツ場ダム建設のため2年前は無かった国道が完成してました。川沿いの市街地や峡谷を走らないほぼ平坦な道なので、ここだけでかなり時間を稼げます。ナビに道が無いので空中遊泳するのが気持ち悪いけど。片道3時間といえば、桧枝岐の御池もほぼ同じ時間で行けたな。あちらは高速使ったけど。

菅平牧場駐車場で準備中、すぐ横に軽トラを停めた人が仲間と北アルプスの山座同定をしていました。このとき耳にしたのが「バスで・・・あいつら元気だから・・・中には元気のない奴もいるけど」どうやら二人は、あと1時間もしたら超元気な学生が大挙してやってくる引率の先生みたいです。根子岳を過ぎて苦しい登り返しを歩いていると、遠くで「わっしょーい」だとか「ヤッホー」だとか大勢の掛け声が聞こえます。追いつかれたら面倒だとは思いつつ、スピードを上げる元気はありません。途中から声が聞こえなくなったので、根子岳まででピストンしたかもしれません。

花の百名山の名前に負けず、夏の高山でしか見れない花がたくさん咲いていて非常に満足です。名前のわからなかった花はあとで修正します。残念だったのは途中で寄ったセブンイレブンで登山届を印刷する際にUSBメモリを店に忘れたこと。今日の大半はスマホ(アイホン)撮影になったのですが、レンズの曇りがわからずほとんどの写真が白っぽくなってしまったので、画像補正に時間がかかってしまいました。

途中で転倒もありましたが無事下山をし、牧場ではソフトクリームだけ買ってすたこらさっさと出発。菅平のセブンでコーラとガリガリ君の定番セットを買って、来たのと同じ群馬県の下道を走って帰りました。眠気が出てきたのでコンビニアイスコーヒーを3杯飲みました。

本日の水分はトータル3リットル。膝サポート両ひざ。日焼けクリームは出発時と根子岳の2回。ハエが多かったけど防虫ネットは誰もしてません。笹が茂っているので長ズボンをお勧めします。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2015 Grandmaster 最終更新:2015/07/30