師匠の散歩

2015年10月18日(日) 快晴の草紅葉を満喫、苗場山を祓川コースピストン

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 06:52 / 1220m
  • 到着時刻/高度: 14:55 / 1242m
  • 合計時間: 8時間3分
  • 合計距離: 16.97km
  • 最高点の標高: 2139m
  • 最低点の標高: 1217m
  • 累積標高(上り): 1332m
  • 累積標高(下り): 1313m

天気情報

晴れ

午前中は快晴でしたが徐々に雲が多くなり、昼過ぎにはガスが出てきました。
上着がいらないほど暖かく風が心地よかったです。

駐車場

苗場山祓川コース登山口駐車場

無料はよいのですが、百名山としては非常に狭く(50台以下のはず)、朝7時前でほぼ満車。後から来た人は隙間にねじ入れるか路肩に停めていました。
林道は狭く退避所はまばらです。早朝6時過ぎに下ってくる車なんて来るもんかと思っていたら、なんとタクシーが往路で3台、帰路で2台すれ違いました。道は狭く下手に車を寄せると溝がありそうなので、困ったときはタクシーのひとの顔を見て判断に従いましょう。

山行時間

6:52登山口-7:15和田小屋登山口-
7:30五合半-7:39六合目-7:54六合半-
8:07下ノ芝(七合目)-8:20七合半-8:42中ノ芝8:50-9:06上ノ芝-
9:16小松原分岐-9:27神楽ヶ峰(八合目)-9:42富士見坂-9:45雷清水-
9:50お花畑-10:08九合目-10:18雲尾坂-
10:45苗場山頂ヒュッテ-11:01神様-
11:17昼食11:31-11:38苗場山11:46-
12:15九合目-12:35雷清水-12:55神楽ヶ峰(八合目)-
13:25中ノ芝-13:56下ノ芝-14:18六合目-
14:44和田小屋登山口-14:55登山口

総山行時間:8時間3分

iPhone5がこのところ調子が悪くなる時があり、9時から10時はログが取れていませんでした。下山データを使い神楽ヶ峰だけ合わせて挿入しました。購入から2年たっているので買い替え時か。

登山経路

はっきり言って苗場山をなめていました。
平標山の向かいにある百名山で、すそ野はスキー場があるから人も大勢くるだろうから、登山道はかわいいものだろうと思ってました。

ごめんなさい。
岩ゴロです。泥にまみれて菅りやすいです。岩や土手も手をつくと手が真っ黒になります。浮石がたまにあるので石を信用しちゃだめです。

指標にコースタイムが書いてありますが、
どう考えても達人並みの時間と思われます。指標表示のざっと2倍の時間が標準タイムじゃないかと思って歩くと気が楽になります。

写真(山行)

065200.jpg
ここには行かず迷わず舗装路を選択。写真左はチップ制トイレ
065425.jpg
まっすぐなアスファルト道を歩きます
065432.jpg
この景色が最も紅葉がきれいでした
070139.jpg
ヤマハハコがあちこちで生えてます
070147.jpg
ススキがきれい
071150.jpg
和田小屋が登山口ですね。登山届を提出
071157.jpg
下山時にここが5合目だと気づきました
071433.jpg
ゲレンデを横断して
071917.jpg
土で滑る岩ゴロが始まりました
073037.jpg
単調な登山道なので合目表示はうれしいですね
075208.jpg
大きなイワカガミの葉がいっぱいです
080259.jpg
林道コースと交差
080723.jpg
下ノ芝
082424.jpg
木道もありますが岩ゴロがずっと続きます
084454_stitch.jpg
中ノ芝は広い休憩所で埼玉の人と山の話で盛り上がりました
091606.jpg
祓川と上ノ芝から来たのを覚えておきましょう
091757.jpg
大山砥宮なのでどこかの神社の奥宮かも
092437.jpg
傾斜が楽になりました
092517.jpg
左に下る方向はドラゴンドラコース
092757.jpg
神楽ヶ峰
092937.jpg
踏まれても逞しく残りウツボグサ
093117p.jpg
神楽ヶ峰でパノラマ作成
094133_stitch.jpg
富士見坂指標前でパノラマ
101823_stitch.jpg
9合目でもパノラマ
101854.jpg
雲尾坂の指標
102540.jpg
サンゴのような枝
103508.jpg
ごつごつの岩をよじ登ると
103811.jpg
いきなり別世界が広がります
104208.jpg
人が多いところが山頂方向だな
104343_stitch.jpg
休憩所にてパノラマ
104517.jpg
木すれすれまで降下して荷卸ししてました
104535.jpg
しょぼい山頂標でした。後でもう一度確認に来て大正解
105110_stitch.jpg
天国のパノラマ
110128.jpg
苗場神社を目指してたはずですがここでUターン
111748.jpg
ここで昼食。役行者は「えんのぎょうじゃ」と読むのを若い人はしらないらしい
112228.jpg
うどんとコーヒーの組み合わせ
113807.jpg
山頂を探し直して正解。一等三角点:苗場山:2145.23m
114003.jpg
記念撮影
114938_stitch.jpg
名残惜しいけど帰ります
115228.jpg
地糖と仙ノ倉山、あれ黒い雲が映ってる
115843.jpg
急斜面で木間を見つけました。顔をあげたら小さなお地蔵様がいてびっくり
122546_stitch.jpg
ここが崩落して横に作られた道ですね
122801.jpg
お花畑は春か初夏にまた来たいですね
123147.jpg
ミツバオウレンがいっぱい咲きそうな苔
123510.jpg
雷清水で水500ccを補充。トータル2L消費しました
130448.jpg
こんな岩を乗り越えます
130713.jpg
上ノ芝を覚えていないとだめですよ〜
131312.jpg
だいぶガスが出てきたな
131645.jpg
ゴゼンタチバナの実、熟してました
132129.jpg
ガスガスです
141254.jpg
土が湿って岩が滑りまくりです
143327.jpg
雪で曲がった木がいっぱいありますが、登山口に一番近いこの木が一番がんばってました
143620.jpg
下界まで下りてきました
144022.jpg
振り返って
145508.jpg
下りのアスファルトは膝にきついので登山道を選択。岩の無い道でガンガン飛ばしましたが靴に団子のお土産がいっぱい。登りで使うと気力喪失間違いなしです
145532.jpg
15時で車は半分ぐらいに減ってました

感想

苗場山に行くと決めてから1か月。他の人のログを見ると、天気が悪かったり芝紅葉は終わりだとか、情報ばかり増えてしまいました。

でもって、前日は雨模様だったので回避して日曜に決定。特に午前中は晴天が続き、日向は暑いくらいでした。午後は雲が出てきましたが、湿原を堪能するのは十分です。いわゆる紅葉は登山口より麓のほうになっていますが、草紅葉はまだまだ見ごろです。きっと雪が降り始めるころが見納めなのでしょう。でも、それってやっぱり12月じゃなくもっと早いよね。

湿原は休憩する場所が無いので、混雑時は注意ですね。役行者の岩のところは皆さん遠慮されているのか一人悠々と使わせてもらいました。

さすが紅葉の百名山。登山口が数か所あり、湿地の休憩所には各20人以上、木道を歩いているのはその3倍、ざっと100人ぐらいはいたはずです。朝は抜いてくれる人が10人以上いましたが、抜いてくれる若いのは先に下山したのか終始マイペースで下れました。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2015 Grandmaster 最終更新:2015/10/22