師匠の散歩

2015年11月22日(日) 野山ハイキングコースと足利アルプスともみじ谷

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 08:37 / 48m
  • 到着時刻/高度: 15:33 / 50m
  • 合計時間: 6時間56分
  • 合計距離: 19.31km
  • 最高点の標高: 418m
  • 最低点の標高: 41m
  • 累積標高(上り): 930m
  • 累積標高(下り): 895m

天気情報

	曇り

気温は低いものの湿度が高かったので、上着は須永山に行く手前で脱ぎ、そのあともシャツ1枚だけでした。

駐車場

長林寺駐車場手前の路肩

いつもの観光駐車場は8時すぎで満車。この時期の正規の織姫神社駐車場は大混雑になるので最初からパス。もみじ谷の直下にある長林寺駐車場はガラガラというのを知っているので、手前に路肩があったので駐車しました。

山行時間

8:37P-8:44登山口-8:57須永山-9:18(202m)峰-
9:32天狗山-9:45大岩-9:58登山口-
10:17登山口-10:25祠-10:30湯殿山-10:42高速下-
11:11三角点-11:35障子岩11:57大岩山-
12:12石尊山見晴台12:29-12:38寝釈迦-12:50浄因寺-
12:57巻道開始-13:24巻道終了-
13:30毘沙門天-15:10もみじ谷15:24-15:33P

総山行時間:7時間3分

登山経路

天狗山から北に下る分岐には「大岩」の指標を下ります。天狗山の北の岩場を降りると間違いです。大岩は3mほどの垂直の崖で岩がもろいので、ロープを補助にして上り下りしましょう。

野山ハイキングコースは地元のボランティアが整備をされています。まだ車道には指標はありませんが、これから地図を含め整備されていくのだろうと思います。全体的に踏跡がしっかりしているので、特に三角点より南はマーカーはもっと少なくても良いのではと思いました。赤ペンキをつけた布のマーカーははっきりセンスが無かったです。林業関係者のピンクリボンが使われないことを祈ります。

メジャーハイキングコースについては割愛します。

写真(山行)

083758.jpg
この路肩に駐車して出発します
084452.jpg
天狗山ハイキングコース入口
084605.jpg
神社の裏手に右上への踏跡があります
085243.jpg
急登がひと段落したところにベンチ
085716.jpg
最初のピーク須永山
090316.jpg
見えているのは展望ピークと202mピークのはずでアップダウンがたくさんあります
090554.jpg
分岐
091520.jpg
ルートを外れて登れそうな藪を登ってみました。下りでは登山道に出るのが難しいので使わないほうがいいです
091606.jpg
遠望が利かないのは承知で見晴しから
091741.jpg
正規の登山道分岐まで戻りました
091846.jpg
202mピークには昔「かわら山」の山名標があったそうです
092035.jpg
右は本経寺へ
092611.jpg
岩の登りで頂上かと思いましたが
092718.jpg
まだ手前のピークでした
093152.jpg
093229.jpg
天狗山と向こうがこれから歩く稜線で、右端は大岩山
093258.jpg
下に見えている尾根を歩きたいんだよな
093504.jpg
岩を下ると目的の尾根に行けないのがわかったので戻ります
093809.jpg
指標は天狗山頂上にありました。行先が「大岩」というのは勉強不足でした
094020.jpg
つづら折れの道
094256.jpg
右は西小屋と御前岩でまっすぐは大海戸と書いてあります
094439.jpg
たしか大岩の上で撮影。このあとロープを持って3mほどの崖を下ります
095634.jpg
イノシシ避けネットに沿って歩き
095834.jpg
4段の階段を下りて右に見える扉を開けて出ます
095928.jpg
ネットで調べると大海戸はそば屋さんでした
100032.jpg
カラスウリ
100102.jpg
キク科の花
100206.jpg
ちょっと離れた分岐には指標はなく、逆から歩く人は地図で調べないといけません
100512.jpg
初夏の帰化植物のはずのカバナユウゲショウが咲いてました
100837.jpg
こちらからの尾根は行っちゃダメです
101304.jpg
ホトケノザって春の花じゃなかったっけ
101754.jpg
車道を歩いてここが野山ハイキングコース入口。ここも指標はありません
101848.jpg
やっと指標が出てきます。ここもネットを外して登山道に入ります
102439.jpg
尾根に出たところ
102512.jpg
祠が四基の琴平山
103004.jpg
アンテナですかね
103023.jpg
湯殿神社のある場所が湯殿山155.6m
103142.jpg
神社の裏手の尾根を下っていくと
103754.jpg
高速道路に突き当たります
104042.jpg
ぐるっと遠回りします
104216.jpg
ここで高速の下をくぐります
104349.jpg
石が全部色が異なる祠
104642.jpg
階段を登っていきます
104829.jpg
高速道路の向こうに湯殿山
105338.jpg
この赤ペンキ布テープの設置センスの無さが気になって仕方がないです
111152.jpg
四等三角点:双葉:296.91m、コロナ会の人がベンチを作っていました
112241.jpg
ピーク
112646.jpg
つつじの狂い咲き
113016.jpg
南側が見渡せる場所がありました
113216.jpg
平坦な尾根
113346.jpg
あれが障子岩かな
113520.jpg
岩壁の上からパノラマ
113615.jpg
最近設置されたベンチ
113810.jpg
マーカーがおとなしくなり気持ちよく歩けるようになりました
113903.jpg
地図に記載されてる三叉路で向こうの踏み跡は濃いぞ
113914.jpg
でもこの道は所有者が通過禁止とのこと。ちなみにコロナ会は567会と書いていたようですね
114524.jpg
四辻がありました
114535.jpg
地図を見たら毘沙門天がすぐ近くです
115040.jpg
ここも右から登ってくる踏み跡があります
115436.jpg
ハイキングコースに合流しました
115740.jpg
大岩山
121208.jpg
石尊山見晴台
122007.jpg
今日の昼食と大事なダブルストック
122959.jpg
東屋の裏の祠
123857.jpg
寝釈迦
124627.jpg
清心亭とイチョウ
125247.jpg
白いサザンカ
125305.jpg
清心亭とモミジ
125702.jpg
山門の階段を下りここから巻道開始
131043.jpg
巨大な落ち葉は朴ノ木
131934.jpg
2か所ある分岐は右のトラバースを歩きます。特に2つめは間違いやすい
132436.jpg
途中で追い抜いた観光おじさんは間違いなく車に戻れただろうか
132809.jpg
右向こうが毘沙門天駐車場でここを左へ
133055.jpg
毘沙門天
133235.jpg
賽銭を入れて一突き
134201.jpg
車道を歩きここから登山道に戻ります
134938.jpg
四等三角点:大岩:274.51m
135553.jpg
高速の上から
140201.jpg
この後の階段がきついんだよな
140839.jpg
石が無く平坦で気持ちのいい道
141217.jpg
カタクリの里のお地蔵様
142554.jpg
ここは90度に左へ
143051.jpg
両崖山手前は階段が多くてきついです
143631.jpg
両崖山
143704.jpg
両崖山のモミジは葉が少なく発色も悪かったです
144904.jpg
アンテナのピーク
144935.jpg
アンテナの下のつつじが今日一番きれいな紅葉でした
145337.jpg
巻道です
150233.jpg
この展望台を西にざれた道を下るともみじ谷です
151257.jpg
太陽が当たっていないとはいえ発色が悪いです
151421.jpg
この木がモミジで一番の色でした
151739.jpg
トイレ横に咲いているのは青竜モミジ
151940.jpg
メインストリートのモミジの葉がこんなに落ちてると残念です
152038.jpg
太陽が出ていればもう少しかっこいいんだろうな
152300.jpg
一番葉が残ってたモミジ
152457.jpg
下から遠目で見たらきれいです
153119.jpg
結局織姫神社には行かないまま。長林寺も拝観しませんでした

感想

大岩を下ってすぐに向こうから来た男性に「連れがシャツを着替えているのでちょっとそこで止まってください」とのこと。どんな奥さんかと思っていたら、岩の向こうからかわいい娘さんが出てきました。最近野山ハイキングコースの整備を手伝ってきたとのことでした。障子岩のベンチを設置された方かもしれません。

さて、この時期はモミジ鑑賞のため織姫神社のもみじ谷を歩くことに決めてます。いつものように名草から歩くのにバスの時刻表を確認して、もみじ谷の様子を調べるためヤマレコを見ていると「野山ハイキングコース」のログが数件アップされてます。時間は名草から下るより短くバスに乗らない分家を出るのを遅くでき、なにより未踏で歩きたかった尾根なのでルート決定。帰りに余裕があれば猫仙人も寄れるようにルートをDIYGPSに登録しました(寄らずじまいでした)。

今年のモミジは発色が悪く葉の数も少ないものの、太陽が出さえすればそれなりに鑑賞に堪えるはずです。惜しむらくは明日から雨なので残ったモミジが全部落ちてしまわないか気になります。

本日、メインハイキングコースに出るまでに会ったのは10人ほど。水は1Lも飲みませんでしたが間違って2Lもザックに入れてしまっていました。低山とは言えアップダウンが多くて距離が長いので、ダブルストックを使っても膝がかなりきつかったです。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2015 Grandmaster 最終更新:2015/11/24