師匠の散歩

2016年08月10日(水) 新中ノ湯登山口から焼岳ピストン、花とパノラマ多数

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 08:15 / 1639m
  • 到着時刻/高度: 13:31 / 1632m
  • 合計時間: 5時間15分
  • 合計距離: 8.13km
  • 最高点の標高: 2444.3m
  • 最低点の標高: 1603m
  • 累積標高(上り): 799m
  • 累積標高(下り): 780m

天気情報

晴れ時々曇り

樹林帯はずっと晴れで日陰はありますが風が無く蒸し暑かった。
森林限界からはずっと晴れで日焼け止めを塗って対応。
午後からは雲が多くなり少し涼しくなりました。

駐車場

■往き
釜トンネルを左に曲がり有料道路手前の分岐を右に登ります。
駐車場まではずっと登りのヘアピンカーブで11個目のところに約20台停められるスペースあり。今日は平日だからか下山時も路肩駐車の車を見かけなかった。
朝の高速を飛ばして松本市内は少し観光車でスピードダウンするも群馬から約3時間30分で到着。
■帰り
高山方面にずっと下る。途中で右に曲がり「あかんだな駐車場」手前でUターン。
高山市内の渋滞、高速道路の事故渋滞(回避で下道)、名阪国道福住の事故渋滞(天理市内に回避し結崎駅経由)で約6時間で奈良に帰省。

そう、帰省途中の山行なのでした。

山行時間

8:15新中ノ湯登山口駐車場-9:18(1972P)-9:39広場-
9:47展望地-10:49コル-
11:01焼岳北峰11:23-11:30焼岳第3峰-
11:38コル-12:26広場-
12:43(1972P)-13:31新中ノ湯登山口駐車場

総山行時間:5時間26分

登山経路

飛び切り難しい個所は無かったと思いますので日帰りなら問題ないと思います。しかし、テント泊・縦走では装備が大きく重いのでバランスが崩れたりすると危険な個所が少しありました。

新中ノ湯登山口から焼岳までトイレなし、水場なし。沢渡駐車場は「有料」の文字とトイレはあっても無料のトイレが無かったように思われます。
中ノ湯温泉は道路から少し登った上のほうにあるので、トイレだけで入るのはなかなか度胸がいります。なので、松本市内に数か所あるコンビニを過ぎると道の駅を利用することをお勧めします。

水は活動時間が短かったこともあり1.5Lで足りました。

写真(山行)

081555.jpg
残り3台が空いてました、写真奥が地味な登山口です
081653.jpg
前穂高の稜線でしょうか
081755.jpg
登山ポストが無いのは調査済み、前日にヤマレコから電子登録実施
081852.jpg
ジャコウソウがちらほら
081914.jpg
アキノタムラソウもあちこちに
082014.jpg
ソバナはこれだけ
082050.jpg
最初はほぼ平坦
082413.jpg
ベロが出ないつぼみのジャコウソウ
082504.jpg
キツリフネ
082542.jpg
段差
082619.jpg
ウサギギク
082652.jpg
カニコウモリもここまで大きいとグロテスクです
082740.jpg
登りが始まりました
082850.jpg
トウバナの仲間だと思いますのでミヤマトウバナあたりかな
082930.jpg
ナナカマドかな
083418.jpg
フジバカマ
083539.jpg
変わった葉の花。ツルリンドウは初秋の花らしい
084005.jpg
ヘビイチゴの実は甘酸っぱい
084238.jpg
岩の段差
084901.jpg
岩から生えているように見える木がたくさんあります
085613.jpg
ピークからエア頂上
085737.jpg
ランドマーク
090035.jpg
ちょっと下って
090141.jpg
また登ります
090548.jpg
ピンクリボンは約3mの高さ。冬はあそこに手が届くまで雪が積もるんだろうか
090916.jpg
木と岩のゲート
091831.jpg
木の向こうに焼岳が見えてます
092347.jpg
キオンが咲くと夏ですね
092651.jpg
タケシマランの実に比べ花は地味らしい
092724.jpg
ゴゼンタチバナの花が落ちて実になりかけてる
093007.jpg
右は少しどろんこが残ってます
093658.jpg
ほとんどのオヤマリンドウはしっかり閉じてます
093709.jpg
これもキオンですね
093957.jpg
広場から焼岳。雲が多いけどなんとかならんかなぁ
094032.jpg
広場の隅にあるこれって旧登山道の分岐かな
094226.jpg
ハナニガナはこの周囲だけで見ました
094242.jpg
茎にトゲのあるミヤマコウゾリナ
094406.jpg
オンタデはザレ場から上のほうでよく見ました
094527.jpg
シロバナノハナニガナを見たのはこれだけ
094748_stitch.jpg
展望地からパノラマ
094845.jpg
シラタマノキだよね
094956.jpg
ハシゴは使いにくい
095331.jpg
キク科は難しいけどノコンギクでいいかな
095550.jpg
岩ゴロが続きます
095716.jpg
これはイワオトギリでいいでしょう
100050.jpg
森林限界からはザレ場になります
100357.jpg
ヤマハハコ
100445.jpg
アカモノの実かな
100537.jpg
色がピンクでオンタデに似てて間違えちゃう。イタドリですよね
100640.jpg
アザミはまだまだ咲きはじめ
101226.jpg
スカッと晴れた!
101733.jpg
登ってきた道
103239.jpg
このあたりからはペンキの丸の通りに歩きます
103546.jpg
イワカガミの花の落ちたところ
104913_stitch.jpg
コルに到着
105554.jpg
北峰へはトラバースから
105809.jpg
高さ2メートルの崖は軽量だと問題なしですが、重装備での下りは要注意
110137_stitch.jpg
頂上で360度パノラマ
110147_stitch.jpg
噴火口方向
110357.jpg
記念写真は穂高連峰を挟んで槍から上高地
112721.jpg
下山時に撮影。もち望遠撮影です
112852.jpg
焼岳第3峰の噴煙口
113034_stitch.jpg
焼岳第3峰から360度パノラマ
113308.jpg
中ノ湯へはコルにトラバースして下ります
113858_stitch.jpg
コルで360度パノラマ
115743.jpg
オヤマリンドウの花が開いてます
122003.jpg
展望地は崩落地の横を通り、通行禁止ロープあり
122812.jpg
オトギリソウとリンドウ
124309.jpg
1972mピークは岩のところ
131120.jpg
ここまできたらもう少しです
132546.jpg
朝は気づかなかったタマガワホトトギス
132703.jpg
アジサイ
132857.jpg
林道と並行してたんですね
133021.jpg
登山口に戻りました
134715.jpg
安房峠展望台で撮影

感想

群馬から奈良への帰省途中で焼岳に登りました。当初滋賀のT君に声を掛けましたがお盆休み後半を予定していました。しかし、後半は雨の予報でこのルートは雨の後はぬかるみが多く酷いとの情報を見て、前日の夜にやっぱり10日に焼岳山行決行を再決定しました。
帰りの道路が事故などで渋滞しまくりだったので、好き勝手な迂回路で車を走らせられたソロ登山は結果的には正解でした。

新中ノ湯登山口は穂高連峰の中では無料駐車場が使え、焼岳へのピストンなら往復で6時間弱と短時間とお手軽ハイクを満喫できました。ヤマレコの「ヤマプラ」のコースタイム×1倍なのは仕方ないとあきらめよう。

明日は休養にして明後日は奥馳のどこかを歩く予定。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2016 Grandmaster 最終更新:2016/08/21