師匠の散歩

2016年10月02日(日) ガスが晴れたよ巻機山

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 05:54 / 748m
  • 到着時刻/高度: 15:01 / 745m
  • 合計時間: 9時間7分
  • 合計距離: 15.51km
  • 最高点の標高: 1967m
  • 最低点の標高: 738m
  • 累積標高(上り): 1439m
  • 累積標高(下り): 1413m

天気情報

雨のち曇り、一時晴れ

天気予報がほぼ半日遅れ。
午前中は雨かガスで気温は低いながらも蒸し暑かったです。
昼ごろから青空が出だしましたが稜線のガスはなかなか消えてくれません。景色は悪いのに頭はポカポカ陽気の下りでした。

駐車場

桜坂駐車場

小雨の降る6時前に第2駐車場に行くと7割ほど埋まっててびっくり。ダメ元で一番奥の第一駐車場に行くとガラガラでした。みなさんトイレのある第2駐車場で雨が止むのを待たれていたようです。
帰りに第2駐車場出口付近で500円を支払いました。

塩沢石打ICを降り県道28を早川交差点で右折して国道291に入りますが、右折した直後にセブンイレブンがあります(他にコンビニは無かったと思います)。

山行時間

5:54桜坂駐車場-5:55登山口-5:56井戸尾根・ヌクビ沢分岐-
6:27四合目-5:51五合目-7:50六合目-8:08七合目-8:44八合目-
9:02(1846P)-9:09九合目-9:12避難小屋-
9:38御機屋9:48-9:57巻機山ピーク-
10:00谷川への分岐-10:16牛ヶ岳-10:25牛ヶ岳北端-10:276牛ヶ岳-10:41分岐-
10:45巻機山10:54-11:02御機屋11:04-11:22割引山-11:47御機屋11:56-
12:13避難小屋-12:26九合目-12:32(1846P)-
13:38六合目-14:09五合目-14:58林道分岐-15:00ヌクビ沢分岐-
15:01桜坂駐車場

総山行時間:9時間7分

登山経路

濡れていると石も滑りますが、土の道が良く滑るので、下りでは要注意です。木道は思ったより滑らなかったように思いました。

写真(山行)

055443.jpg
天候の回復を信じてポツリポツリと歩き出す人を見て、服を着替えて出発準備
055525.jpg
登山届を提出
055644.jpg
雨だし単独の初めての沢はやめて井戸尾根へ
055824.jpg
左には踏跡が無いので右折しない人はいないと思う
055908.jpg
最初はこんな道
060730.jpg
岩ゴロゴロがいっぱい
060901.jpg
通行止めの木が薄いけど、左の急登が正解
062618.jpg
黄土色の部分が良く滑る。下りでは要注意
062750.jpg
二と三を見なかったような気がするので、バス停が一合目で登山口は三合目かもしれません。時間的にも妥当なところ
065154.jpg
五合目で米子沢。蒸し暑くて半そでに着替えました
072735.jpg
黙々と登ります
075024.jpg
六合目付近の見晴からヌクビ沢方向
080334.jpg
なんか肩に出そうです
080533.jpg
絶景が見えるかと期待しましたが頂上方向はガスの中。手前の人の集まるガレ場が7合目です
081102.jpg
ツルリンドウが雨露を浴びて咲いていました
082515.jpg
変に赤く紅葉したナナカマド
084418.jpg
森林限界を突破してすぐに八合目
084722.jpg
ガレ場の階段は段差が小さいので上り下りとも楽でした
090012.jpg
ここは1861mピーク。目の前の9合目(ニセ巻機山)ですらガスの中
090505.jpg
周囲はガスガス
090742.jpg
草紅葉がきれいなんだけど、ガスにピントが合っちゃってます
090919.jpg
雨に濡れた草紅葉もなかなか良いです
091213.jpg
避難小屋
092232.jpg
ガスに向かってGO!
093833.jpg
山頂に到着
094013.jpg
巻機山山頂碑のある場所は御機屋と言われているらしい。天気が悪いしここで戻るか悩みましたが、まだ早すぎるので牛ヶ岳へは行っておくことにしました
095713.jpg
ケルンが積まれた明らかに最高地点が地形図の1967m巻機山。うっかり御機屋で戻ってたら最高地点を踏まずに帰ってしまうところでした
100059.jpg
朝日岳への分岐。つまりここを行くと谷川馬蹄形のジャンクションピークに行けるってこと
100539.jpg
とりあえず木道があるので歩きます
101612.jpg
少し登った場所が牛ヶ岳山頂。高低差があまり無いので、これが無かったらどんどん歩いてしまいそうです
101654.jpg
字は読めなかったけど、三等三角点:牛ヶ岳
102027.jpg
尾根中央にあった祠
102259.jpg
皆が足を運ぶ牛ヶ岳の北端。天気が良ければ八海山方面が見通せるんでしょうね
102906.jpg
草紅葉がわかるようになってきました
103912.jpg
ここからジミーに木道を登ります
104155.jpg
谷川への分岐。なんだか明るくなったような気がします
104944.jpg
最高地点巻機山で目の前に避難小屋と偽巻機山がくっきり見えています
105037.jpg
ほんの数分、御機屋と割引岳が揃って顔を出した瞬間でパノラマ。10分ほど粘りましたがガスが出始めたので撤収
105257.jpg
あの稜線を歩く機会はないだろうなぁ
110330.jpg
天気が良くなったので記念撮影をやりなおし
111214.jpg
ここまで来たら割引山にも行きたくなりました
112220.jpg
割引岳(わりめきだけ)に到着。一等三角点:割引山、1930.75
112457.jpg
少し下ったところにある天狗尾根からの分岐。下山禁止です
112514.jpg
またガスが出てきました
113029.jpg
ヌクビ沢からの分岐にも下山禁止の文字が
113732.jpg
ミヤマダイモンジソウが咲いてました
113918.jpg
途中のどろんこ道より、ここからの階段の登りがきつかったです
122626_stitch.jpg
ニセ巻機山ではガスなのでそそくさと下山します
123113_stitch2.jpg
1861mピークでガスが晴れた瞬間を逃さず360度パノラマ
123800.jpg
さて下りましょう、遠くに駐車場が見えてます。遠いな
125838.jpg
斜め下をパノラマ。手前は太陽が当たっていないので、見た目より映りが悪い
130712.jpg
六合目付近からニセ巻機山
133815.jpg
六合目でヌクビ沢と頭の切れた天狗岩
140900.jpg
五合目
142013.jpg
ヤブレガサのはずですが、葉にギザギザが無いので自信がない
144843.jpg
アキノキリンソウは登山口だけ
145818.jpg
ここまで来たら下山したも同然
150018.jpg
長い岩ゴロの下りでへとへとです
150040.jpg
ノコンギクと仕事を思い出したミツバチ
150108.jpg
登山ポスト横の看板
151603.jpg
トイレのあるバス停広場にある看板。上田屋食堂駐車場にある自販機でコーラをごっくん
151608.jpg
周回するのに20?ってすごすぎるのに最高地点が清水峠って

感想

前日の天気予報では、八ヶ岳より谷川方面のほうが晴れるとの情報を信じ、群馬を出発。関越トンネル前で高速情報で湯沢は雨を聞くも「まさか」とトンネルに入ったところ。。。出てすぐに雨が落ち出し、塩沢石打ICではザーザー振っていました。雨雲がヤバそうだったら谷川に戻ろうと思いつつコンビニでYahoo天気で雨雲を見ていたら、だんだん晴れてきそうな気配だったので巻機山決行。

駐車場に着くと、前日の天気予報に騙された、「草紅葉」におびき寄せられた人たちがいっぱい。「午後からはきっと晴れますよね」があいさつ代わりになりました。

牛ヶ岳まで足を延ばした時点では、まだガスガスだったのに、最高地点に戻ると急に空が明るくなって近場のガスが晴れていきました。谷川を拝むことはできませんでしたが、秋の草紅葉を楽しむことができました。

このあとは、遠景こそ無いもののほぼ太陽を浴びて下山することができました。裏を返せばめちゃ暑かった。ほぼ2時間ひたすら黙々とゴロ石の道を下り、持っていった2Lの水が無くなる寸前に分岐に到着し山行終了。

数日前に寝違えた首筋の痛みがひどくなり、この夜は首が回らずじまい。湿布を貼りまくって回復を待つ状態です。自動車の運転はきついけど、首を回さないで済むから登山はできちゃうというのが不思議なところ。

来週は地域の運動会だけど、テントを張るのがめんどくさいし雨で流れないかなぁ。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2016 Grandmaster 最終更新:2016/10/05