師匠の散歩

2016年10月16日(日) 紅葉見ごろの安達太良山

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 06:44 / 947m
  • 到着時刻/高度: 13:17 / 936m
  • 合計時間: 6時間33分
  • 合計距離: 15.35km
  • 最高点の標高: 1709m
  • 最低点の標高: 930m
  • 累積標高(上り): 988m
  • 累積標高(下り): 991m

天気情報

晴天。

早朝は風もなく寒すぎもせず行楽するには文句のつけようのない天気。昼前後から風が少し出てきましたので、長時間休憩する人は上着が必要です。

駐車場

あだたら高原スキー場駐車場

なんといっても無料がGOOD。朝6時半到着時で第1駐車場はまだまだ余裕あり。広い駐車場なので朝8時ごろなら余裕で停められるのかなと思います。
下山時は第3駐車場まで満車なのにびっくり。ヘアピンカーブの始まるところまで駐車待ちの車が列を連ねていたのに2度びっくり。

山行時間

6:43駐車場-6:48奥岳登山口-6:56分岐-7:12リフトトップ-
7:37五葉松平-7:48薬師岳展望台7:51-7:54山頂駅7:58-
8:57安達太良山山頂直下-9:02安達太良山9:08-10:00鉄山10:31-
10:53くろがね小屋への分岐-11:04峰の辻-11:37くろがね小屋-
12:46自然歩道分岐-13:17駐車場

総山行時間:6時間35分

登山経路

五葉松平
ゲレンデトップから登山道になります。段差の大きい滑りやすい坂が多く、登れる場所や掴める木や笹を探してクリアします。

鎖場
乳首の鎖は登山者なら特に問題はないと思います。

牛の背
鉄山へは岩の直登が必要かと心配になりますが、踏み跡を辿ると巻道になり苦も無く鉄山頂上に到着することができます。山頂から南のほうに歩けば、下から見上げた場所に楽にいくことができます。

渋滞
登山道は狭い場所が多く、すれ違いで渋滞になります。20〜30人の団体さんにあたったら厄日と思って大渋滞に耐えましょう。
牛の背からくろがね小屋までは狭い道が多く、「次々登ってこないでちょっと下で待っててくれ」と一度だけ声をかけさせてもらいました。

くろがね小屋からの馬車道と旧道
馬車道は岩ゴロの道がずっと続くので、平坦な見た目よりも足に残るダメージがでかいです。旧道は滑って大変らしいですが、渋滞さえなければ細い旧道で急降下も面白いかもしれません。

写真(山行)

064341.jpg
6時半到着だとは駐車場はまだまだ余裕
064450.jpg
23日までの土日は始発が7時半なので、早くも家族連れの姿が’
064651.jpg
ロープウェイに乗らない登山者はゲレンデ方面に歩いていきます
064805.jpg
登山口にポストはありませんでした
065056.jpg
こんな道を歩いていきます
065150.jpg
アキノキリンソウ
065611.jpg
五葉松平から回るので左に
070037.jpg
真っ白なのでノコンギクじゃない
070649.jpg
ロープウェイ山頂駅の右側が薬師岳展望台だな
071209.jpg
リフトトップの左側から登山道になります
072059.jpg
滑りやすい大きな段差が続きます
073703.jpg
五葉松平
073728.jpg
展望が良くなってきました
074812_stitch.jpg
気が付けば薬師岳展望台に到着、山頂方面をパノラマ
074958.jpg
薬師様の鐘を一打
075805.jpg
トイレは入って左の階段を降りたところ
080723.jpg
ここからは渋滞登山です
082437.jpg
展望スペースで休憩する人が増えるのでどんどん抜かしていきます
082548.jpg
森林限界あたりでほぼ渋滞がなくなりました
084259.jpg
良い天気に恵まれました
084801.jpg
目を見張る紅葉が登山道脇にあったのでパチリ
084926.jpg
見晴し抜群です
085442.jpg
頂上の乳首が見えてきました
085733.jpg
頂上へは写真右から登りましたがすれ違い渋滞がありました。写真左のハシゴが「裏道」のようです
085952.jpg
狭い鎖場
090215.jpg
頂上でジドリ
090432_stitch.jpg
ぐるりと歩き回って360度のパノラマを作成
090723.jpg
人が途切れたので2度目の記念撮影。二等三角点:大関平は「不明」なので手前の石は三角点標石じゃありません
091557.jpg
乳首の下に山名標があります。順番待ちに並ぶ気にならず、空白の一瞬に勝手にジドリ
092613.jpg
鉄山方向に歩いていくとこんな光景になります。山頂の稜線って岩か笹しか知らなかったので、茶色の土が多くて不思議な感じです
093148_stitch.jpg
牛ノ背のコブから360度パノラマ
095620.jpg
鉄山へは崖を登らず巻道で到着できます
100003.jpg
鉄山は安達太良山より10メートルほど高いんですね。ここの四等三角点も「不明」です
100013mix.jpg
標石に書かれた字は「基本・三角点・003427・地理院」と読めます
101049.jpg
「コンロ忘れた!」のつぶやきを聞いた近くの人が、バーナー一式貸して下さいました。助かりました、ありがとうございます
102736_stitch.jpg
鉄山南側でパノラマ
102902.jpg
鉄山に安達太良神社の石板がありました
103132_stitch.jpg
鉄山1709m地点で360度パノラマ
104254.jpg
くろがね小屋からの直登ルートは火山ガスで閉鎖だそうです
104552.jpg
真っ赤なナナカマドの実
105313.jpg
くろがね小屋方面への下山点
110005.jpg
下から見上げた牛の背の稜線
110459.jpg
峰の辻でも多くの人が休憩中でした
111003.jpg
くろがね小屋方面は紅葉の中を歩きます
111413.jpg
中央に安達太良山の乳首が見えてます
112513.jpg
くろがね小屋からの直登ルートが見渡せる場所も広場になってます
112953.jpg
篭山方向の紅葉は赤と緑が多い
113839.jpg
くろがね小屋も人だらけ。左は温泉源で立ち入り禁止
114228.jpg
小屋から下山中は左を見るとこんな光景が続きます
114350.jpg
歩いているのはこんな道
114453.jpg
沢から離れると紅葉ともお別れです
114954.jpg
背の高い木が多くなってきました
115155.jpg
数少ない水場
115327.jpg
アキノキリンソウが咲いているので、ここの標高は登山口と同じぐらいのはず
120512.jpg
左に石碑があり砂利道と平行に道がありました
120515.jpg
草が生えているので砂利道よりずっと歩きやすい
120902.jpg
ツリガネニンジンが咲き残ってました
121651mix.jpg
砂利道に戻るところに石碑とお地蔵様(3メートル離れている写真をくっつけました)
121736.jpg
ここから出てきました
122316.jpg
うんざりする砂利道が続きます
122709.jpg
展望のある場所がありました。山頂駅とゲレンデ
122949.jpg
砂利道のことを馬車道と呼ぶのか。旧道は滑りやすかったと聞いたので馬車道を続けます
124623.jpg
自然歩道を経由します
124638.jpg
ふむふむ
124732.jpg
下は岩なので滑っても落ちないように
124819.jpg
紅葉滝周辺のもみじは緑色のまま
125057.jpg
見返り橋から紅葉滝方面
125437.jpg
千畳岩かな
125615.jpg
あれが大カメの石だな
125750.jpg
平滑の床
125856.jpg
昇龍の滝
130341.jpg
魚止滝
130415.jpg
足利周辺のこんな穴はマンガン鉱採掘跡なんだけどな
130658.jpg
帰りは登りです
130901.jpg
つるりんどうの実で間違いないでしょう
131135.jpg
車が見えるのであちらに行けばいいんだな
131246.jpg
ここが自然歩道との分岐でした
131554.jpg
奥岳の湯入口の足洗い場で靴の泥を落としました
131748.jpg
駐車場は満杯。どんどん車が入ってきます

感想

高校の恩師と同窓生が10月の3連休に奈良から飛行機を使って会津磐梯山と安達太良山を登ったと聞き、「安達太良山の紅葉は行ってみたいけど東北は遠いよなぁ」と思いつつヤマレコの「経路を調べる」をクリックすると、群馬から高速使えば2時間40分で到着できちゃうことが判明。
直前までこの週末は西上州の碧岩か鹿岳(どちらも低山ながら岩・鎖で一部マニアでは有名)のどちらにしようか悩んでいましたが、急きょ安達太良山に行先変更。
登山開始(自宅出発)時刻を検討するにあたり注目したのはロープウェイの営業開始時刻。基本は8時半始発なのですがネットを調べるうちに、たしか福島の新聞社のブログで「10月23日までの土日は7時半から運航開始」というのを見つけました。
ロープウェイ山頂までは下からだと約1時間なので、6時半ごろ登山開始を目標に早朝のまだ暗い群馬を出発することにしました。

6時半前に駐車場に到着して気づいたのは、安達太良山の地図データをiPhoneのDIYGPSにデータ転送するのを忘れていたこと。DIYGPSは地図がなくてもログを取れますが、駐車場がネット環境にあるので急きょGeographicaを再ダウンロードし、地図取り込みをしてからログを取り、機内モードに変更し登山を開始。
登山開始が6時40分になったのは想定範囲内だったけど、誤算だったは登山開始すぐにトイレに行きたくなったこと。狭い尾根の登山道に姿を消せる脇道は無く、結局ロープウェイ山頂駅のトイレに寄ることになりました。
このタイムロスで登山渋滞にずっぽりはまりました。ただ、すれ違いがあると足は止まりますが、それ以外は結構なハイペースで僕にはちょうど良い速度でした。
森林限界を越えると多くの人が足を止め下界を見下ろしているので、自分は下を見ずに黙々と歩き続けました。乳首での渋滞を避けるために。

山頂碑のある場所へは9時前に到着。山頂には10分ほど滞在しましたが、和気あいあいと祠の前で記念撮影ができるぐらいぐらいの人しかおらず、のんびりパノラマ用写真を撮りまくることができました。
乳首から降りると団体さんが数パーティいて山頂碑前で記念撮影の大混雑。ここから鉄山方面は人が少し少なくなり、のんびり歩くことができました。

本日は天気が良く、ゲレンデを歩く間は上着を着ていましたがすぐに脱ぎ、森林限界から上は日差しがあるので半そででも大丈夫かという行楽日よりでした。思っていたほどきれいな赤は少なかったですが、きれいな黄色と橙色の紅葉を十分楽しむことができました。

次の週末は家族で東北旅行なので、11月になったら地元の赤城・荒船周辺の紅葉を楽しみたいと思います。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2016 Grandmaster 最終更新:2016/10/19