師匠の散歩

2017年02月14日(火) 赤城荒山と鍋割山でスノーシュー遊び

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 08:24 / 1028m
  • 到着時刻/高度: 14:40 / 1027m
  • 合計時間: 6時間16分
  • 合計距離: 9.9km
  • 最高点の標高: 1572m
  • 最低点の標高: 1020m
  • 累積標高(上り): 735m
  • 累積標高(下り): 701m

天気情報

晴れときどき曇り

太陽の出ていない稜線は風が強く寒かった、
鍋割山滞在時は風もなくポカポカ陽気でした。

駐車場

姫百合駐車場

トイレあり。
駐車場の雪は半分ぐらい溶けていて、アイゼンなどは林道に入らないと装着できません。

山行時間

8:24姫百合駐車場-8:24登山口-8:45展望広場分岐-
10:31荒山10:38-10:51ひさし岩11:00-
11:06軽井沢峠分岐-11:38棚上十字路-11:56荒山高原-
12:21火起山-12:26竈山-12:51鍋割山13:12-
14:15風穴-14:40駐車場

総山行時間:6時間16分

登山経路

全体的に前爪のあるアイゼンの装着が望ましいです。
荒山へは土や岩の出ているところもあるので、チェーンスパイクがあると便利なところがあります。
ひさし岩から荒山高原はスキーシューがあるとストレスなく歩けます。

写真(山行)

081952.jpg
到着時は3台目
082451.jpg
今日はスノーシューを装着して出発
082808.jpg
くり太郎ってなんだろ
083143.jpg
この分岐はスルー
084244.jpg
ここでソフトを脱いで展望広場方面へ
084519.jpg
ご夫婦に先(新雪)を譲りました
085757.jpg
このあたりは適当に
090014.jpg
夏道
090814.jpg
笹の尾根
091342.jpg
スノーシューでは歩きにくい尾根
093200.jpg
さすがにアイゼンに変更
095507_stitch.jpg
展望が良いので展望広場かな。富士山が見えてます
095758.jpg
雪庇の尾根
100349.jpg
登ってきた道
100354.jpg
クラックが入ってます
100748.jpg
幅の広い一般道に合流
101911.jpg
ロープの力を借りました
103101.jpg
荒山到着
103237.jpg
ジドリ
103600.jpg
荒山は展望は良くないです。筑波山と鳴神山が見えました
104122.jpg
アイゼンで歩いてます
104358.jpg
ここもアイゼンで我慢
105126.jpg
ひさし岩
105412_stitch.jpg
秩父稜線が見える場所まで登ってパノラマ
110009.jpg
2回目のスノーシュー装着
110646.jpg
東屋の分岐
110756.jpg
軽井沢峠・箕輪・赤城温泉の指標が一番しっくりくる
111058.jpg
スノーシューの威力絶大
111533.jpg
左に曲がるところ
113824.jpg
棚上十字路
115529.jpg
荒山高原から鍋割山方向
115604.jpg
荒山高原から荒山方向
120313.jpg
さすがにトレースが太い
121437.jpg
数日前に雪庇が崩れ、登山道が埋まりました
121600.jpg
気持ちの良い雪尾根
122114_stitch.jpg
火起山の山名標を覆う雪山に立って360度パノラマ
122658.jpg
竈山からの登り返しがきつかった
124748.jpg
雪庇の道
125140.jpg
終着点
130120.jpg
桐生方面
130152.jpg
秩父方面
130817.jpg
観音様が救出されてました
131441.jpg
どちらでも好きなように
135255.jpg
スノーシューは歩きにくいです
135648.jpg
尾根キープしたかったけど、雪庇尾根にビビったので登山道を行きます
140436.jpg
ここは左の岩から湧水があるようです。なので、年中ぬかるむ場所です
140927.jpg
ショートカット中の風紋
141510.jpg
風穴は雪に埋まってます
142703.jpg
ここでスノーシューを外して手に持ってツボ足で下山
143926.jpg
帰ってきました

感想

また雪の赤城にやってきました。
天気が良ければ黒檜山と思ってましたが、北方面の天気が微妙に悪く荒山・鍋割山に決定。姫百合駐車場までなら道路の積雪も少なく楽勝です。

荒山へは最初からスノーシューを履いてましたが大失敗。凍ってるとこや岩が出ているところが多いのでアイゼンが正解です。でも、ひさし岩からのトラバースではツボ足だとはまりまくると思うのでスノーシューが大活躍でした。

火起山に山名標がかくれる雪山ができてて、360度パノラマを撮影できたので山座同定して遊ぶことにします。お昼を過ぎていたので富士山・浅間山・谷川とメインキャスターが皆さん休憩中だったのが残念です。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2017 Grandmaster 最終更新:2017/02/16