師匠の散歩

2017年03月07日(火) 吹雪の黒檜山をぶらぶら

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 09:32 / 1350m
  • 到着時刻/高度: 13:03 / 1351m
  • 合計時間: 3時間31分
  • 合計距離: 7.15km
  • 最高点の標高: 1807m
  • 最低点の標高: 1344m
  • 累積標高(上り): 501m
  • 累積標高(下り): 497m

天気情報

曇り時々晴れ、山頂は雪

駐車場

おのこ駐車場

アスファルト道はほぼ積雪個所は無くなりました。ただし、溶けた水が氷る場所もあるので(黒く光る道路を見たら凍結=ブラックアイス、カーブでのスピードの出しすぎは厳禁です。

山行時間

9:32おのこ駐車場-
9:48黒檜山登山口-10:21猫岩-11:00分岐-11:03黒檜山-
11:08ビューポイント-11:14黒檜山-11:18黒檜山大神-
11:20分岐-11:22展望台-11:52オオタワ-12:04駒ヶ岳12:20-
12:30下山口-12:59駒ヶ岳登山口-13:03おのこ駐車場

山行時間:3時間31分

登山経路

もんだい

写真(山行)

093244.jpg
この青空が崩れるとは夢にも思いませんでした
093441.jpg
ワカサギ釣りのテントが数個ありました
094411.jpg
道路に雪は無く黒檜山登山口に到着
094835.jpg
アイゼン装着して出発
095123.jpg
少しだけ雪のない岩場を通過します
095349.jpg
すぐに雪たっぷりになります
095749.jpg
急登はステップで楽々通過
095924.jpg
少しだけ岩場を通過
100148.jpg
猫岩から
100858.jpg
傾斜が少し急になりました
102145.jpg
ストックから向こうは崖(つつじの枝)です。いっそ雪庇を崩したほうが安全かな
102423.jpg
こちらの雪庇も成長してます
102614.jpg
直登は広くて追い越し可能です
103104.jpg
変な段差は表層雪崩でできたかもしれません
103623.jpg
今日は寒くてザクザクに凍っているので歩きやすいです
104935.jpg
左にトレースあるけど道迷いしたんじゃないかな。あのピンクリボンは林業用なので要注意
105134.jpg
このあたりは山頂より霧氷がきれいでした
110017.jpg
分岐に到着
110126.jpg
1月より1m高いところを歩いている気がします
110511_stitch.jpg
山頂通過して東側のパノラマ
110800_stitch.jpg
ビューポイントからは全て雲の中
111049.jpg
雪庇が崩れて安全な雪尾根に成長してます
111436.jpg
ジドリ
111827.jpg
黒檜山大神
111851.jpg
つつじの枝の霧氷がかわいかったので
112107.jpg
どれも正解なんだけど、ややこしい指標
112156.jpg
ちょうど60歩地点で絶景を撮影したつもり
113058.jpg
もふもふのツツジの枝の上なので夏ルートから少し外れたところも通ります
113700.jpg
もう少ししたら踏み抜き地獄になるんでしょうね
113827.jpg
雪庇を撮影するも吹雪で残念
114221.jpg
黒檜山を振り返るも吹雪で残念
115249.jpg
オオタルミの積雪量は1月とあまりかわらなかった
115354.jpg
冬限定の巻道を歩きました
120457.jpg
駒ヶ岳到着
121242.jpg
山飯はカップめん
121935.jpg
右下の尾根は今年ぐらいに歩いておきたいな
122012.jpg
駒ヶ岳直下と北の雪庇が異常成長してます
123054.jpg
下山口はひさびさに階段方向から下ります
123137.jpg
階段2つめは雪の急斜面を下ります
123444.jpg
少し雪が少なくなりました
124142.jpg
雪の上を歩きます
124440.jpg
3つめの鉄階段は右の雪に逃げます
125045.jpg
石と土と木道をがまんして歩く区間があります
125516.jpg
途中から雪たっぷりになりました
125922.jpg
駒ヶ岳登山口まで雪が続きました
130249.jpg
ここでアイゼンを外し道路へ
130329.jpg
午後3時ごろには赤城山全域が晴れてたんだよな
132854.jpg
1番カーブは林道分岐の少し北にありました

感想

アイゼン必須。
黒檜山登山口から駒ヶ岳下山口までは雪がたっぷり。岩だけの場所がありますがほんの少しです。
駒ヶ岳登山口から下山口は雪の無い区間があり、アイゼンをどこで脱ぐか悩みどころです。凍結の上に雪が載っている場所があるので、チェーンスパイクがあると重宝するでしょう。

黒檜山の積雪はまだまだあります。あちこちで雪庇ができていますが雪庇の上に立つ人が多すぎます。無雪期の崖の写真を看板にすると効果的なのかな。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2017 Grandmaster 最終更新:2017/03/09