師匠の散歩

2017年05月12日(金) 鳴神山から荒神山まで尾根縦走、カッコソウとヒメイワカガミ咲いてます

概要

トータル山行ポイントは19.54で「難級」に半歩足りず「上級」となりました。
各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 07:39 / 340m
  • 到着時刻/高度: 18:17 / 290m
  • 合計時間: 10時間38分
  • 合計距離: 23.85km
  • 最高点の標高: 1044m
  • 最低点の標高: 254m
  • 累積標高(上り): 1269m
  • 累積標高(下り): 1337m

天気情報

晴れのち曇り

午前中は風もなく暑かったです。
15時を過ぎて雲が出てきて涼しい風が吹いてきました。

駐車場

水道山の路肩に駐車
おりひめバス
 7:05桐生北口〜吹上(平日限定出発)。200円。
わたらせ峡谷鉄道
 19:11水沼駅〜19:47桐生駅着。520円。
 ・水沼駅に改札は無く、ワンマン列車に乗ると出入口で整理券をとる。
 ・到着時に整理券と520円を運転手兼車掌に手渡し。小銭が無い場合は両替機で両替しておく。
 ・支払うと「支払証明書」が渡されます。桐生駅の改札はJRとわたらせ渓谷鉄道で兼用されているので、証明書が無いと改札を出られません。
20:00車を回収。駐車地からバス停まで下り5分。駅から駐車地まで登り10分。

山行時間

7:39吹上BS-7:57駒形登山口-8:39旧赤柴登山口-
9:45鳴神山(桐生嶽)-9:51鳴神山(仁田山岳)-10:05椚田峠10:15-
10:38小繋山-10:46座間峠赤柴山稜分岐-11:08雨量計-
11:27鍋足沢の頭-11:30座間峠荒神尾根分岐-
11:36丸山赤城山-11:54丸山12:14-12:18車道-12:26十二時山-
12:56ピーク-13:03分岐ピーク-13:11鹿生峠-13:23(865mP)-
13:38小夜戸山-13:48小夜戸峠-14:32(789mP)-14:59石祠-
15:02茂木峠-15:06大畑山-15:31割石-16:10(598mP)-
16:55荒神山-17:00石祠-17:09林道分岐-17:18分岐-17:32車道-
17:46石祠-17:52水沼駅

総山行時間:10時間13分

登山経路

中尾根は一般登山道ではありませんが、踏跡は濃くテープも豊富なので、ルーファイできる人なら普通に歩けます。一般的な中尾根の取りつきは駒形登山口付近に2か所あります。どこかは探してください。

丸山から西の荒神尾根はバリエーションルートです。
どの尾根を通っても下山でき峠もありますので、踏跡・テープは通った人にとっては完璧ですが、自分の歩きたい方向では無い可能性があります。なので、踏跡とテープを100%信用することができません。
木の枝が邪魔をするので遠くを見通せず、ピークから目的の尾根が見えないところが多数あります。踏跡のあるところもありますが、落ち葉で隠れることが多く、踏跡から2m離れると踏跡を見失うところが多数あります。
とうことで、地図+コンパスで十分だとおっしゃる人もおられるかと思いますが、GPS利用を強くお勧めします。

その他情報

水沼駅温泉センター
 水沼駅の南側プラットフォームに入口があります。駅に改札口はなく外からは陸橋を歩いて渡ります。
 入浴料600円でJAF割引20%が使えました。靴箱(32Lザック+登山靴が入る大型もあり)100円は戻りません。
 温泉センターの食堂は17時30分まで(WEBで休刊日など最新情報を入手してください)。R122まで行けばはやぶさ食堂があります。

写真(山行)

073900.jpg
桐生駅から吹上まで通したのは1人だけ。途中3人が乗ってきて途中で降りていきました
074252.jpg
沢沿いにはヒメウツギがいっぱい
074549.jpg
川の上にはヤマフジも咲いてます
074807.jpg
庚申塔
075017.jpg
駒形山登山口。って言っても登らない人には関係なし
075300.jpg
クサノオウ
075530.jpg
庚申塔
075748.jpg
駒形登山口には大型バスで到着した御一行が集まってました
080232.jpg
ニリンソウはこれだけ
080655.jpg
カキドオシ
081339.jpg
ミヤマハコベは花の大きさが5から15ミリほどといろいろあります
081919.jpg
キランソウ
083237.jpg
タツナミソウ群生地。もう終盤にさしかかってます
083318.jpg
ムラサキサギゴケに交じってシロバナサギゴケが咲いてました
083534.jpg
コンロンソウかな
083835.jpg
こちらの旧登山道は倒木の嵐っぽいです
083926.jpg
ここから右に駆け上がって尾根に行きます
084021.jpg
ミヤマキケマン
084200.jpg
秘密の群生地は株がどんどん大きくなってきました
084233.jpg
日当たりのよい株を真上からパチリ
084429.jpg
萎れていないムラサキケマンはレアです
084951.jpg
尾根は木の根をつかむ急登から始まります
085325.jpg
ふっと傾斜が緩んで顔をあげたら目の前に、がんばった褒美のツツジ
085717.jpg
チゴユリが群生してました
085943.jpg
4月に見たリンドウがまだ咲いてました
090229.jpg
一般道と合流してヌタ場
091853.jpg
フイリフモトスミレ
092025.jpg
さあシルバーカーペットロード(勝手に命名しました)の始まりです
092103.jpg
ヒメイワカガミ
092108.jpg
ヒメイワカガミ
092227.jpg
フイリスミレ
092352.jpg
あちこちでヒメイワカガミが咲き乱れています
092504.jpg
登山道脇で目の前で咲いてます
093333.jpg
展望岩でこれから歩く稜線を見てます
093631.jpg
こちらは少し入ったところのシルバーカーペットガーデン(勝手に命名しました)
093732.jpg
蕾が多くここだと来週でも咲いていそうです
094137.jpg
祠の向こうがハイキング道です
094540.jpg
鳴神山桐生嶽
094545.jpg
頂上のツツジはこれだけ。このあとバスの団体さんと間一髪ですれ違わずに済みました
094848.jpg
ロープの横の岩場にあるヒメイワカガミもちらほら咲いてます
095246.jpg
群落保護もありますが崖が危険なので立ち入り禁止は正解
095303.jpg
でもロープの真下で一株咲いているのでピンポイント撮影ならここで十分
100743.jpg
カッコソウ養生地を見下ろす見守り地蔵(名称は適当につけました)。カッコソウ色の帽子がナイスです
100803.jpg
カッコソウは咲いてはいるんですが
100825.jpg
今年は一株ごとの花の数が少ないです
101545.jpg
椚田峠に戻りました。北上開始します
102721.jpg
滑りやすい落ち葉の急登で最初のダメージを食らいます
103259.jpg
登り終えて明るい尾根になります
103719.jpg
今日一番の細尾根。落ちないように注意
103808.jpg
子繋山から北方向。右手前の木はアカヤシオのはずだけど枯れちゃったかな
104525.jpg
ここを直進すると危ないんだよね、と経験者は語る
104609.jpg
2年前まではここの分岐がわかりづらく、北へ下る踏跡を見つけてほっとしたものでした。通せんぼを直進すると赤柴山稜です
104911.jpg
坂を下ると尾根道になります
105149.jpg
小さなピーク
105535.jpg
踏跡は続きます
110257.jpg
小ピーク
110646.jpg
踏跡が2つに分かれます。ここはすんなり左の巻道へ
110839.jpg
雨量計が設置してあるピーク
110850.jpg
直角に曲がります
111335.jpg
平和な尾根
111750.jpg
真ん中を通りましたが、右を通るのが一番労力が少ないと思います
112757.jpg
鍋足沢の頭。ここの東の沢が鍋足沢ですね
113024.jpg
下ったところが座間峠への分岐。今日はここを直進します
113039.jpg
座間峠への下りの様子。手前の緑の看板ができてわかりやすくなり、色とりどりのテープが回収されたような気がします
113637.jpg
登って2つの石祠のある丸山赤城山。沖山赤城山とも呼ぶらしく、祠には赤城山と書かれているそうです
113719.jpg
拾得物あり。質問箱に掲載しました
114546.jpg
幅広赤テープ
115046.jpg
巻道は歩きにくく尾根直進のほうがよかったかも
115453.jpg
丸山到着。二等三角点:座間:1064.56m
120142.jpg
今日は暑くてシャリバテが心配だったので早めに昼食
121706.jpg
尾根を進むと車道が。法面は降りれないし困ったなと思ってたら左の方に行く踏跡がありました
121851.jpg
ガラガラと滑るように下りました
121906.jpg
こちらが車道の反対側の取りつき
121941.jpg
ヘビイチゴがいっぱい
122016.jpg
そういえば赤柴林道でタチツボスミレを見なかったなぁ
122129.jpg
車道がぶった切る前の尾根まで上がると踏跡があります
122601.jpg
広場のようなピークで左は荒神尾根、右は童謡ふるさと館方面です
122629.jpg
十二時山
122840.jpg
長い下りです
123041.jpg
広い尾根
123342.jpg
平和な尾根
123534.jpg
岩のアクセント
124356.jpg
ここは巻かずに直進しました
124748.jpg
ピークで右に折れます
125300.jpg
ここは左に巻道があったようですが直進しました
125604.jpg
やっぱり山男はピークを行くよね
125920.jpg
右の巻道へ
130216.jpg
踏跡を見失ってますが方向は間違いないのでそのまま歩きます
130324.jpg
直角に左に曲がるピーク。共同アンテナは無かったと思います
130546.jpg
落ち葉ざくざくで歩きにくい
131030.jpg
ひさしぶりに人工物を見ました。看板は「群馬県保安林」「火の用心」でした
131112.jpg
鹿生峠の馬頭観音
131921.jpg
登ります
132327.jpg
865mピーク
133254.jpg
ケルンを残しました
133509.jpg
左に行く巻道が見えますが右のピークへ
133802.jpg
小夜戸山。山名標などは見当たりませんでした
134137.jpg
小ピーク
134819.jpg
小夜戸峠
140142.jpg
北側が開けました。向こうは黒檜山(赤城山)なので、手前は栗生山かな
140808.jpg
786mピークは行かず巻道に行きました
143110.jpg
傾斜があって歩きにくい
143229.jpg
789mピーク
143642.jpg
中野駅方面がはるかかなた下に見えます
144317.jpg
尾根が左右に見えてるところですがまっすぐ進むと
144358.jpg
遥か下に進む尾根が見えます
145221.jpg
左の巻道に入ります
145756.jpg
尾根に戻りました
145925.jpg
石祠
150230.jpg
テープが密集しており分岐だと読めます。指標はありませんが茂木峠です
150600.jpg
本日の目標地点である大畑山に到着。三等三角点:入山:754.02m
151231.jpg
中野駅に下ることを寝転んで考えていたら日が陰って涼しい風が吹いてきたのでがぜんやる気が出てきました。さっそうと荒神山に出発しましたが、体力の消耗がハンパなくあとでやっぱり後悔しました
151802.jpg
GPSルートは迷走しているように見えますが、ちゃんと踏跡の上を歩いています
152323.jpg
巻道を無視してピーク通過
152947.jpg
間伐された場所になりました
153116.jpg
尾根が分断されてるように見えます
153155.jpg
横から撮影。断面の形が同じなので、溶岩が噴火で飛んできて落ちて真っ二つになったと思われます
153418.jpg
間伐材で踏跡が消えるところがあって歩きにくいです
155047.jpg
数度目のケルン設置
161015.jpg
598m標高点付近
161851.jpg
右の巻道に行きましたが、すんなり尾根通しをお勧めします
162131.jpg
向こうに見える尾根のもう一つ向こうの尾根にいかないといけません。傾斜と落ち葉で歩きにくいです
162701.jpg
ようやく目的の尾根に乗りました
164127.jpg
ラスボスとなる荒神山が現れました。写真だけだと気が遠くなるようですが、地形図だとたかだか80mの登りです
164600.jpg
落ち葉ラッセルが思いのほか疲れます
165008.jpg
靴が半分埋もれる雪山を登るような感じ。あともう少しなのになかなか足が進みません
165530.jpg
ふいに荒神山山頂になだれ込みました。二等三角点:荒神山:624.48m
170032.jpg
171824.jpg
遊歩道は単調な急坂で落ち葉で滑りやすく、残った体力をねこそぎ持って行かれます
172906.jpg
やっと平坦になったところでチゴユリ
173240.jpg
車道に出ました
173809.jpg
近道かと思ってここを進んでみましたが失敗。途中で廃屋を抜けたり迷走しました
174640.jpg
石祠
174905.jpg
橋を渡れば水沼駅はすぐそこ
175151.jpg
改札はどこだろ
175232.jpg
水沼駅に改札はなくここを終点とします。自販機の前の水道で顔を洗って水分補給
175346.jpg
陸橋を渡った南側が水沼駅温泉センター。次の電車まで時間がたっぷりあったので温泉に入りました(着替え・タオルを持ってきました)
190120.jpg
残念ながら食事は17時半まで。このあと19時11分の電車に乗り桐生駅まで30分、10分歩いて駐車地点に戻りました

感想

遅れているカッコソウと咲き始めたヒメイワカガミを眺めに鳴神山にやってきました。休みをとったので桐生7時5分発の早朝バスが使えるので、今日は残っていた桐生地域百山の大畑山までを計画しました。荒神山へはオプションの設定です。

カッコソウ咲いてます。椚田峠の養生地はまだ満開というほど花は多くなく、今年は例年より半月以上遅れています。養生地はロープから花までが遠く日陰で暗いので、望遠デジカメじゃなく望遠レンズの一眼レフを持ってこられることをお勧めします。

ヒメイワカガミ満開です。一般登山道ではありませんが中尾根を通ると登山道にいっぱい咲いてます。中尾根チャレンジャーは必見です。

座間峠分岐から北は藪化が進んでいます。ところどころで踏跡がありますが落ち葉で隠れているところも多く、そもそも麓に下る踏跡・テープの可能性がありますので、GPSが無いとかなり苦しいと思います。また、等高線で50メートルほどの上り下りがあちこちにありますが、等高線に出ない10m未満のピーク通過がいっぱいあって体力の消費がハンパないです。

疲れた足での荒神山からの単調な遊歩道の下りが、隠れた核心点ではないかと思います。靴の紐がゆるんでいたのか足が動いてしまい、水沼駅温泉センターで靴を脱いでからは足が腫れてるようで痛かったです。

水は2リットル持ちました。大畑山で涼しい風が吹いてきたのでなんとか尾根を通せましたが10時間山行で2リットルはちょっと甘かったです。荒神尾根だけを歩くなら、丸山と荒神山に車を2台置くやりかたが一番お勧めです。

13日は大雨で気温が下がったので、きっと鳴神山のカッコソウとヒメイワカガミは来週でも咲き残っていると思います。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2017 Grandmaster 最終更新:2017/05/15