師匠の散歩

2017年06月25日(日) 梅雨の最中にコウシンソウ、ピストンで

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 04:38 / 800m
  • 到着時刻/高度: 13:06 / 800m
  • 合計時間: 8時間27分
  • 合計距離: 18.81km
  • 最高点の標高: 1885m
  • 最低点の標高: 799m
  • 累積標高(上り): 1880m
  • 累積標高(下り): 1843m

天気情報

雨のち曇り、ときどき晴れ

朝4時ごろから雨が降り始め、6時から7時が本降り。8時ごろには雨はやみ、時々日が差すことがありました。

駐車場

銀山平公園

公園の無料駐車場。
従来の駐車場とゲート付近は、工事業者が用地確保しており使えません。

山行時間

4:49駐車場-4:57ゲート-5:41天狗の投石-5:55一の鳥居-
6:26鏡岩-6:36夫婦蛙岩-6:47仁王門-7:03旧猿田彦神社跡-
7:09庚申山荘庚申山分岐-7:15水場-7:59一の門-8:00お山めぐり分岐-
8:19コウシンソウ自生地上段-
8:32庚申山-8:34展望地8:46-
9:04コウシンソウ自生地下段-
9:43分岐-10:35庚申山荘10:50-10:53旧猿田彦神社跡-
11:08仁王門-11:17夫婦蛙岩-11:25鏡岩-11:51庚申七滝-
11:59一の鳥居-12:54ゲート-13:05駐車場

総山行時間:8時間16分

登山経路

鉄梯子は傾斜しているモノがたまにあります。ここのハシゴは外開きなので、傾斜しているほうに足を乗せると滑っていき危険なので、反対のほうに足を置きます。

鎖を固定する鉄柵はぐらぐらのところがほとんどなので、鎖に命を預けないようにしてバランス補助ぐらいにしておきましょう。

写真(山行)

044954.jpg
出発時は小雨でしたが、上下レインウエアで出発しました
045331.jpg
かじか荘は建て替え中
045730.jpg
ゲート前の駐車地も使えなくなってました
050759.jpg
レインウェアが暑くて苦しいです
051741.jpg
第2ゲート
052941.jpg
名物ぬかるみ地獄
054156.jpg
これを見ても一の鳥居までまだまだあるのだ
055505.jpg
一の鳥居は赤がくっきりになってる
055611.jpg
良く見たら一回り小さいコンクリ固定のものに交換されてた
060050.jpg
このころ本降りになりました。踏跡が見づらく気を使って歩きました
060454.jpg
沢はゴーゴー唸ってます
064731.jpg
単調で花も無い登山道ですが、マイルストーンがあるのが良いところ
070246.jpg
残りツツジを撮影してたら宝剣を見つけました
070341.jpg
レインウェアの中はぐっしょりでバテバテ。今日はお山めぐりはやめておきます
070917.jpg
庚申山へは山荘直前で右に行きます
071340.jpg
クリンソウの群生地がありました
071554.jpg
水場
072444.jpg
ツマトリソウっぽいんですが
073226.jpg
コウシンコザクラはこのあと無数に見ることができます
073635.jpg
ヒメウツギ
073727.jpg
雨も上がってレインウェアを脱いでます
074531.jpg
今日の先頭だったらしく、ハシゴは泥がなくきれいです
075153.jpg
最初に左のハシゴを見つけたときは感激モノでした
075800.jpg
ミツバハチグリ
075933.jpg
一の門
080031.jpg
お山めぐり分岐
081648.jpg
マイヅルソウも咲いてました
081904.jpg
上の段でコウシンソウ
082036.jpg
上の段は小ぶりながらコウシンソウしか咲いてません
083258.jpg
迷路を歩いて庚申山
083454.jpg
展望地で一瞬だけ皇海山発見
084559.jpg
すぐに雲の中。雑談していた2人は皇海山へと出発していきました
084613.jpg
濃いピンクのアズマシャクナゲ
090425.jpg
下の段はカラフルです
090439.jpg
コウシンコザクラとコウシンソウ
090538.jpg
コウシンソウは良く見る大きさ
090608.jpg
コウシンコザクラ
090758.jpg
コウシンソウ
091148.jpg
足元が白くなっていたので見上げると、数輪のシロヤシオが残ってました
091326.jpg
展望岩からパノラマ
092227.jpg
モミジイチゴ
092448.jpg
ミヤマカラマツ
092826.jpg
アザミはトゲトゲの葉が茂ってます
093222.jpg
コウシンコザクラ
094211.jpg
スダヤクシュ
094408.jpg
プレートが岩に装着されてます
094634.jpg
ミツバハチグリは朝撮影したのと同じ個体
101034.jpg
ヒメウツギはガレ沢のところで咲いてます
101053.jpg
ヤマオダマキの咲いている場所もお山めぐりで咲いている場所とクリソツです
101400.jpg
写真だけだとどこを上にしても成立しちゃう
102118.jpg
クワガタソウがきれいに開花してました
102512.jpg
庚申山荘の水道はここの地下から出ています
103231.jpg
クリンソウ群生地になったら庚申山荘はすぐ近く
103500.jpg
庚申山荘ではふとん干しをしていました
104644.jpg
山荘の裏の自生地は個体数が少なかった
104712.jpg
ツクバネウツギ
105459.jpg
ハタザオですかね
105621.jpg
上人碑の横を探すと紫のクリンソウが見つかります
111454.jpg
さて花の無い単調な、岩もあって気の抜けない道を、ガシガシ下りましょう
111743.jpg
ここから見たら、親子蛙岩になってる
112515a.jpg
鏡岩の案内図。かじか荘が銀山平ロッジだとか周辺の山だとかが面白い
114918.jpg
今日はお山めぐりをしなかったので、七滝を見に行こう
115105.jpg
×のところが崩落してるんだね
115122.jpg
斜面を見てたら、上り下りした形跡の場所があるぞ
115207.jpg
115239.jpg
橋から上流側
115246.jpg
橋から足元
115945.jpg
七滝を見ると一の鳥居を通らない
121757.jpg
コアジサイ
123522.jpg
長い長い林道です
125433.jpg
ゲートに来ましたがまだ歩きます
125941.jpg
いつもの駐車場はこんな姿になってます
130448.jpg
ここを右に曲がったら駐車場

感想

花を探しに谷川を第一候補にしてましたが、良く考えたら西黒尾根は蛇紋岩という鬼門があった、雨予報では西黒尾根はレベルが高すぎるので、雨でも人が集まる庚申山を登ることにしました。

レインウェア上下で出発しましたが、雨が思ったより少なかったので蒸し蒸しした体を放熱する手段がなく、体力の消耗が激しかったです。
こんなことなら、最初からレインウェアは着て来なけりゃよかったです。ただし、下半身はボトボトになるのでレインウェア下は履いていて正解でした。
まあ、ピストンに切り替えたし、見ごろのコウシンソウを見ることができたので満足です。

この日会ったのは団体さんが2組とペア5組ほど、コウシンソウの時期としては非常に少ない一日でした。
また、雨だと言うのに、日帰りで皇海山まで行く2人、庚申山荘で一泊して皇海山を狙う1人と会いました。5年前の皇海山・六林班峠周回14時間山行は、体重アップの今となってはとても無理です。減量すれば再チャレンジするかと言われたら、「無理」と即答しますけど。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2017 Grandmaster 最終更新:2017/06/26