師匠の散歩

2018年11月03日(土) 日光白根山をRWから反時計回りで

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 08:15 / 1999m
  • 到着時刻/高度: 14:40 / 1998m
  • 合計時間: 6時間25分
  • 合計距離: 12.45km
  • 最高点の標高: 2577.6m
  • 最低点の標高: 1946m
  • 累積標高(上り): 853m
  • 累積標高(下り): 867m

天気情報

晴れ

少し寒かったですが歩いていれば問題なく、山頂も風が強くなかったので耳あてなどは不要でした。でも手袋は防水の暖かいのがお勧めです。

駐車場

丸沼高原駐車場

ロープウェイは11月4日まで。次はスキーシーズン。

行きは沼田IC経由で7時到着は早すぎました。奥の登山者用駐車場でトイレを済ませて周囲の様子を見ましたが、7時20分をすぎても車が登って来ない。こりゃおかしいとメイン駐車場に行くと車がいっぱい停まってました。

帰りは当然のように薗原ダム経由で122に抜け2時間半で帰宅。

山行時間

8:15ロープウェイ山頂駅-8:17二荒山神社-8:18ゲート-
8:25分岐-8:34血の池地獄分岐-8:43大日如来-8:45避難小屋分岐-
9:33森林限界-9:54二荒山神社奥社-10:00日光白根山10:08-10:40森林限界-
10:53避難小屋-11:09白根隠山分岐-11:27前白根山-11:59五色山12:13-
12:54阿弥陀ヶ池13:13-13:20白根山分岐-13:46座禅山分岐-
13:52七色平分岐-13:56血の池地獄分岐-14:04自然観察コース分岐-
14:10山頂駅分岐-14:13六地蔵-14:17展望台-14:33ゲート-
14:39展望の足湯-14:40ロープウェイ山頂駅

総山行時間:6時間25分

登山経路

指標・踏跡を間違わなければ道迷いは無いと思います。
今日は雪がしっかりついていて、早朝はカチコチなので滑り止めが無いと登り下りともきついです。

五色沼方面からは登山口がどこだったかを考えて指標を分かれる必要があります(金精峠への指標は無く「湯元」しか無い、「菅沼」はあってもロープウェイ駅はありません)。
その他周辺情報	ロープウェイ駅だけでなく周辺に日帰り温泉が多数あります。僕は速攻帰宅組なので温泉には入らず。

写真(山行)

073445.jpg
登山届を書いてポストに投函
073454.jpg
チケット販売開始は7時50分からでした
075149.jpg
ロープウェイへはいったん外に出ます
075358.jpg
JAF割引で往復1900円
080105.jpg
ペットのケージが用意されてます
081206.jpg
かなり上になると武尊・至仏・燧のピークが見えます。谷川はガスってました
081356.jpg
そろそろ横着
081501.jpg
降りてすぐに日光白根山と対面。白い雲が気になりますが晴れてくれると信じて歩きます
081600.jpg
向こうが登山口のようです
081732.jpg
二荒山神社で山行の無事をお願いしました
081815.jpg
鹿ゲートから雪がついてました
082107.jpg
木の上は滑りそうなので横を歩きます
082507.jpg
分岐には指標と地図が置かれてます
082602.jpg
ちょっと登って
083353.jpg
血の池地獄分岐
083409.jpg
登り開始
084308.jpg
滑り止め装着
084325.jpg
大日如来
084504.jpg
避難小屋分岐
085355.jpg
トラバースが続きます
085631.jpg
ちょっと直登したかと思ったら
090856.jpg
すぐにトラバース
091415.jpg
091437.jpg
岩を通過
092319.jpg
傾斜が急になりました
092613.jpg
方向転換のところで踏跡を外しました
092728.jpg
急に雪がなくなり
093130.jpg
開けてきました
093314.jpg
森林限界突破
093452.jpg
ここからは木が無いので霧氷撮影
093820.jpg
歩いてきた方向
094526.jpg
ざれているので体力消耗します
095300.jpg
山頂付近は雪がありエビのしっぽ
095453.jpg
二荒山神社奥社
095541.jpg
下って登り返し
100002.jpg
二等三角点:白根山:2577.14m
100134.jpg
記念撮影。人はまばらです
100349_stitch.jpg
ピークで360度パノラマ。さすがに富士山は見えませんが、まずまずの展望です
100844.jpg
五色沼をちらりと覗いて次に
101336.jpg
あいかわらず方向感覚なくなります。前の人について歩きます
101640.jpg
ファミリーと白根隠山から錫ヶ岳の稜線
102515.jpg
ざれてるしあちこちで雪があるので注意して下ります
103452.jpg
五色沼の向こうは五色山だろうな
104049.jpg
森林帯に戻りました
104857.jpg
白檜山方面
105357.jpg
避難小屋は窓が入り口
105529.jpg
さあ登りましょう
110005.jpg
ここはトラバースが多くて歩きやすい
110812.jpg
もうちょい
110925.jpg
錫ヶ岳への稜線
111021.jpg
前白根山へは平和な道と思われましたが下って登り返しがありました
111310_stitch.jpg
小ピークでパノラマ
111712.jpg
水場経由の五色沼への分岐
111740.jpg
イワカガミの葉
111847.jpg
さあ登りましょう
112749.jpg
前白根山
112908.jpg
風が強くなってきました。この稜線は風で木の枝がこんな風になってしまうようです
113246.jpg
パノラマ
113524.jpg
シャクナゲは来年の準備を済ませて冬を待ってます
113713.jpg
五色沼と日光白根山
114438.jpg
パノラマ
114747.jpg
稜線の風下側は笹がびっしり
115400.jpg
ちょっと岩を通過して
115903.jpg
御料局三角点:界甲四五六
115959.jpg
五色山で居合わせた3人で雑談
121300.jpg
五色山
121356.jpg
御料局三角点。下野国と上野国と書いてあります
121408.jpg
界甲四五七
121953.jpg
パノラマ
122412.jpg
笹原
123717.jpg
地味に登ってます
123903.jpg
雪が多くなって
124450.jpg
倒木があるなと写真を撮った直後に頭をぶつけました
124700.jpg
平坦になりました
125157.jpg
五色沼からの道と合流
125302.jpg
下っていくと
125449.jpg
阿弥陀ヶ池に到着
130502.jpg
風は弱く遅い昼食
131328.jpg
左向こうは菅沼登山口方面
131736.jpg
ロープウェイ方面は登ります
132013.jpg
山頂への直登との分岐
132159.jpg
座禅山との分岐
132442.jpg
すぐに下り開始
133256.jpg
滑り止めがないときついです
133709.jpg
木の階段は要注意で横を歩きます
134229.jpg
だいぶましになりました
134515.jpg
もう滑り止めは不要です
134636.jpg
ログでは七色平経由で帰る人が多いみたいです
135211.jpg
座禅山との分岐
135621.jpg
血の池地獄分岐
140442.jpg
4自然観察コース分岐
141014.jpg
山頂駅分岐ですが、ここまで来て六地蔵を見ていかないのはちょっと
141148.jpg
完全に平坦です
141318.jpg
六地蔵
141707.jpg
展望台。残念ながら霞んでました
141722.jpg
展望台から振り返って。山頂駅へは登りです
142335.jpg
最後の登り
142553.jpg
階段はムリムリ
143307.jpg
ゲートまで戻りました
143552.jpg
日光白根山
143850.jpg
足湯は先週末で終わってました
143903.jpg
日光白根山
144001.jpg
ここは標高2000m
144519.jpg
並ばずさくっと
144847.jpg
窓からスマホを出して撮影。リングが無ければ怖くてできなかった
145541.jpg
到着
145721.jpg
基本は同グループだけ(1人でも)で乗せてくれます
150004.jpg
紅葉が一番きれいだった木は駐車場にありました
150519.jpg
チケット売り場。下の売店に登山バッジが置いてありました(買わなかったけど)

感想

冬の前に展望の良いところを登っておきたくなります。例年だと大菩薩から小金沢山尾根を登ってましたが、今週末は北のほうが天気が良いとのことなので、まだロープウェイからは登っていなかった日光白根山を選択。

日光白根山には先週水曜日に雪が積もったとの情報を見て軽アイゼンを持って行って大正解。なかったらかなりきつかったです。ロープウェイからだと山頂までの標高差は少なく、トラバースが多いし、雪が無ければかなり楽して登れたと思います。

山頂は快晴で人は少なく、前白根山から五色沼の稜線歩き、六地蔵への林間歩きを堪能することができました。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2018 Grandmaster 最終更新:2018/11/05