師匠の散歩

2020年02月14日(金) 雪の武尊山、中ノ岳は途中敗退

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 08:50 / 1833m
  • 到着時刻/高度: 13:41 / 1836m
  • 合計時間: 4時間50分
  • 合計距離: 6.79km
  • 最高点の標高: 2158m
  • 最低点の標高: 1829m
  • 累積標高(上り): 511m
  • 累積標高(下り): 486m

天気情報

曇りだけど晴れかも

太陽は見えてるんだけど雲の向こう側で影ができない。稜線では風が冷たく、樹林帯では無風でした。

駐車場

川場スキー場

駐車料金無料。この日は道路に雪はありませんでした。車を停めた階を忘れると帰るときに車探しが大変。

山行時間

8:30ゲレンデボトム-
8:46ゲレンデトップ

8:50ゲレンデトップ-9:25剣ヶ峰山-
10:42武尊山-11:07中ノ岳撤退地点-11:40武尊山-
12:31休憩地点12:49-
13:16剣ヶ峰山-13:41ゲレンデトップ

山行時間:4時間51分

13:43ゲレンデトップ-14:01ゲレンデボトム

登山経路

滑り止めは必須です。剣ヶ峰山から武尊山への下りは早朝だと氷の斜面の場合があるため、前爪のあるアイゼンでクライムダウンで降りましょう。ピッケルがあるとさらに安全でしょう。

積雪量はそこそこありますが、雪の下がかなり溶けているようで、トレースを外すと踏み抜きます。トレースから50センチ外すぐらいなら膝ぐらいで済みますが、1メートル離れると腰まで埋まる場合あり。新雪のあとは大変だと思います。

武尊山から中ノ岳は途中まではトレースありましたが途中でなくなってます。シャクナゲの上を歩ける冬季限定のルートなんですが、踏み抜きがきつかったです。
その他周辺情報	平日はチケット売り場は8時ちょうどにオープン。リフトは8時30分ちょうどにならないと乗れないので、チケット売り場に8時前に並んでも全然意味がありませんでした。


川場スキー場では登山届を書かないと、登山者にリフト券を売ってくれません。また「ここヘリ」も登録必須となっています。

今シーズンからゲレンデはICカード方式で、登山では往復2500円。下山時にカードを返すとカード保証金500円が戻ってきます。カードを返さないと遭難扱いになって強制的に捜索が始まってしまいますので、カードを紛失してもちゃんと申告しましょう。

また、遭難者対策として、登山者には「ここヘリ」登録が必須になっており、レンタル料1100円(紛失時は4000円)かかります。

詳細は川場スキー場HPを読んでください。
https://www.kawaba.co.jp/snow/activity/snow-trekking/

写真(山行)

070450.jpg
リフト券を買ってから時間があったので駐車したのが3階だったか確認しに行ったとか
081807.jpg
8時10秒前にシャッターが開いてチケット販売開始。リフトは8時30分ちょうどにゲートオープン
082809.jpg
左上がゲレンデトップの登山口です
084303pano.jpg
リフトからパノラマ
085105pano.jpg
ゲレンデトップからは、皇海山から赤城山までが見えてます
085212.jpg
アイゼン装着。ふかふか雪から登っていきます
085711.jpg
大きく左から回り込んで登ります
090431.jpg
結構な急斜面です
091201.jpg
エビのしっぽ
091342.jpg
樹林帯を超えました
091517.jpg
平坦になって剣ヶ峰山が見えました
091836pano.jpg
剣ヶ峰山と武尊山
092046.jpg
祠から見る剣ヶ峰山はかわいい柴犬
092610pano.jpg
剣ヶ峰山で360度パノラマ
093024.jpg
軽く凍結した岩を降りてきました。ピッケルがあってよかった
093039.jpg
岩が終わっても急な下りが続きます
093125.jpg
エビのしっぽ
094246.jpg
樹林帯
095027.jpg
樹林帯を超えました
102423.jpg
右への夏道にもトレースがありますが、左側の稜線に向かうのが冬道です
103732.jpg
稜線に到着
103737.jpg
剣ヶ峰山方向の稜線
104000.jpg
エビのしっぽ最大
104256.jpg
武尊山到着
104537.jpg
富士山拡大
104612pano.jpg
武尊山で360度パノラマ
110150.jpg
もう来ないかもしれないので中ノ岳に行ってみます
110732.jpg
ここからノートレース。踏み抜き地獄に嫌気が出たので撤退します
110802.jpg
今日は登山者登録7人だけだったとチケット売り場で聞きました
111247.jpg
突然の太ももまでの踏み抜き。雪は30センチほどでその下に1メートルほどの空洞があります
112611.jpg
モンスター
113212.jpg
日本武尊(ヤマトタケルノミコト)像
114504.jpg
人がいなくなったので山頂板とジドリ
114523.jpg
剣ヶ峰山とジドリ
114918.jpg
残雪期のような感じです
123851.jpg
稜線は冷たい風が強く吹いていたので樹林帯で昼食
125958.jpg
こちらから見る剣ヶ峰山は荒々しい闘犬のよう
131010.jpg
登りはアイゼン履いてれば苦労なく
131606.jpg
剣ヶ峰山の山頂板と武尊山
132452.jpg
この辺りはトレースが薄く道迷い注意
133033.jpg
ここからの下山が一番気を使った
134056.jpg
登山終了

感想

天気予報いろいろあるけど、北関東は天気が昼過ぎまで持ちそう。谷川の西黒尾根も考えたけど、6年ぶりの雪の武尊山が気になったので行先決定。

気になったのは冬季限定で中ノ岳に行けそうだったことですが、ノートレースの踏み抜き地獄(ラッセルよりもたちが悪いと思う)のため途中敗退しました。

今日は薄いながらもトレースがあり、トレース上であれば踏み抜きも少なく、静かな雪山を満喫することができました。

朝7時15分到着が早すぎて、チケット販売開始までが暇すぎたのがちょっと残念でした。平日とはいえ2月は学生が休みのはずなんだけど、ゲレンデはガラガラでした。

Topに戻る ・・・ 戻る
Copyright(C) 2010-2020 Grandmaster 最終更新:2020/02/17