師匠の散歩

2020年06月27日(土) 遅ればせながらコウシンソウ山巡り

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 05:56 / 820m
  • 到着時刻/高度: 14:18 / 821m
  • 合計時間: 8時間22分
  • 合計距離: 18.01km
  • 最高点の標高: 1892m
  • 最低点の標高: 817m
  • 累積標高(上り): 1850m
  • 累積標高(下り): 1804m

天気情報

晴れときどき曇り

午前中の樹林帯はじめっとしていましたが、上のほうはカラッとして涼しい風も吹き、気持ちのいい登山日和となりました。

日焼け止めを何度も塗りましたが、紫外線のほうが強かったのか、下山後の疲れかたが半端なかったです。日焼け止めのための長袖はアリですね。

駐車場

ゲート前

下山時は、一般登山者駐車場、新設登山者駐車場も満車(約40ぐらい?)に近かったです。銀山平公園の駐車場(100台以上?)は開放されていました。

山行時間

5:56駐車地-6:13第二ゲート-6:33天狗の投石-6:45一の鳥居-
7:16鏡岩-7:26夫婦蛙岩-7:37仁王門-7:53旧猿田彦神社跡-
8:34山巡り最高地点-8:40コウシンソウ自生地-
9:14鬼の耳こすり-9:48庚申の岩戸-9:56分岐-
10:28コウシンソウ自生地-10:43庚申山-10:45展望地11:09-
11:42一の門-12:09山荘水源-12:21旧猿田彦神社跡-
13:11一の鳥居-14:18駐車地

総山行時間:8時間22分

登山経路

木橋がやばいです。

お山巡りのコウシンソウ自生地の木橋で盛大にこけてしまいました。転んで滑落アウトになりそうな木橋は歩かず、横の土の道を歩くか、巻道を探すことをお勧めします。


お山巡りのハシゴ

ハシゴの下がズルズルなので、最後の段に足を乗せた状態で横のトラロープをつかんで横に降りましょう。ハシゴの下に滑落の名残があり、ぞっとします。


丸太(場所は一ノ門のあたり)

昨年までは片足を乗せるだけでよかった丸太が、今年は足場が崩落したのかなくなっていました。またがって1メートル進んで立ち上がって何とかクリアしましたが、丸太より左上に上がる巻道が形成されつつあるので、そこを通るのをお勧めします。

写真(山行)

055540.jpg
天気はどうかな、まあ小雨決行なんだけど
061326.jpg
第二ゲート
061718.jpg
プールはこの程度
062824.jpg
コアジサイ
063337.jpg
一の鳥居までここからまだ10分以上歩きます
063830.jpg
ウツギは全く見えません
064144.jpg
フタリシズカ
064512.jpg
やっぱり50分で一の鳥居に到着
064752.jpg
ゴウゴウと沢の音を聞きながら歩きます
065008.jpg
倒木は横に逃げます
065525.jpg
日光マークが新しくなりましたよね
065630.jpg
僕も矢印と間違ってしまった荷物紐
070717.jpg
木漏れ日が出てきました。今日は一日曇りと思っていたのでうれしい誤算です
071640.jpg
鏡岩から30分で庚申山荘
072621.jpg
夫婦蛙岩
073740.jpg
仁王門
074927.jpg
今日の初クリンソウ
075156.jpg
ここまで来ました
075235.jpg
クリンソウが咲いていたので
075255.jpg
隣に目玉を出す前のギンリョウソウ
075327.jpg
シャツを着替えてお山巡りに出発
075737.jpg
沢を超える最後の一歩が曲者でした
081402.jpg
尾根は涼しい風が吹いています
081410.jpg
これを下れば尾根コースですね
082924.jpg
ハシゴを登って
083056.jpg
ヒメウツギかな
083451.jpg
お山巡り最高地点。写真の傾斜が正しいかどうかはおいといて、道は水平です
083741.jpg
すぐにコウシンコザクラの岩に到着します
083817.jpg
艶がないのでミツバハチグリ
083928.jpg
カラマツソウ
084000.jpg
上のほうにたくさん咲いてます
084039.jpg
ただし下から見上げているのが残念、あちらの自生地に期待しよう
084058.jpg
この木橋でステンと転び腕をひっかきました。2度目に歩くときはボルトに足を置きえっちらおっちら
084243.jpg
緑が増えた気がします。こちらにコウシンソウはなさそう
084907.jpg
この橋が落ちちゃったらどうすりゃいいんだろう
085009.jpg
橋ができる前はこの鎖で渡ってたのか。「お山巡り初心者お断り」の看板は橋ができる前のことを言ってるかもしれないな
085100.jpg
普通に右の土の道へ
085259.jpg
そうそうこのナイフリッジがねぇ、って登山道じゃありません
085751.jpg
ハナニガナ
085834.jpg
ここも右の土の道で巻きます
090017.jpg
ウスユキソウ
090135.jpg
お山巡りの目的の一つがヤマオダマキ、あちこちで咲いていました
090819.jpg
向こうの展望岩まで歩き
091152pano.jpg
360度パノラマ
091447.jpg
鬼の耳こすり
092139.jpg
ハシゴを降りる前に左のトラロープを握ってこちらまで歩いてきました。ハシゴの下はズルズルで明らかに滑落してます
093234.jpg
モミジイチゴでしょうか
093343.jpg
ぐるっと回りこんで
093554.jpg
修験場
093807.jpg
カメラを変えてからズダヤクシュのピント率が格段によくなった
094644.jpg
なんとか橋を歩きました
094840.jpg
岩戸
095613.jpg
やっと合流地点。ここまでで4時間、だいぶかかりました
100859.jpg
この丸太が曲者。またがって向こうに行く途中で足がつり、なかなか立ちあがれず苦労しました
102809.jpg
上の段でコウシンソウが数株きれいに咲いていました
102856.jpg
これが一番目の高さで咲いてました
104349.jpg
庚申山は素通りで展望地へ行きます
104947_stitch.jpg
今日は天気が良く、鋸山と皇海山に雲はなく、日光ファミリーもよく見えました。
105208.jpg
キャベツ多すぎのラーメン
112540_stitch.jpg
南の展望岩からパノラマ。数年前の富士山の写真と合わせて山座同定にチャレンジしよう
113149.jpg
丸太は高巻きの道がありました
113833.jpg
カラマツソウは岩場より高いところで咲いてました
114204.jpg
一ノ門にも鎖が設置されてました
114754.jpg
ズダヤクシュじゃないし何だろ
115404.jpg
プレートを見つけました。これが初の門で、階段ができて巻くようになってしまったようです
120058.jpg
岩場
120304.jpg
確かに最初にこの景色を見たときはびっくりしたよな
120646.jpg
ここで水を1リットルほど補充しました
120949.jpg
コバイケイソウのつぼみ。開花は数週間先か
121415.jpg
ここは素通り
121603.jpg
クリンソウの花畑
121612.jpg
クリンソウ
122106.jpg
水も補充できたしクリンソウも見たので庚申山荘には寄らず、すたこら帰ります
122550.jpg
朝は逆光だった宝剣をパチリ
130308.jpg
冷めたい水で顔を洗ってもうひと踏ん張り
132210.jpg
一の鳥居
135544.jpg
ボーっと歩いて第2ゲート通過
141658.jpg
途中で休憩したので下りは60分かかってしまいました

感想

晴れ間を待っていたらこの時期になってしまいましたが、今年もコウシンソウを見ることができました。新規の山の開拓もしたいところですが、特定の時期に特定の花を見たいという登山も残したいし、庚申山は家から近いということもあり、毎年登る山からなかなか外せないところです。

今日は車が多かったように思いましたが、登山であったのは10人くらいと少なかったように思います。ああ、下山時にすれ違った庚申山荘に泊まる3パーティが抜けていました。明日は無事皇海山まで行けるよう天気が持ってくれることを祈ります。

Topに戻る ・・・ 戻る