師匠の散歩

2021年01月18日(月) 桜山で蝋梅を見て周回

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 10:35 / 181m
  • 到着時刻/高度: 14:23 / 159m
  • 合計時間: 3時間48分
  • 合計距離: 10.21km
  • 最高点の標高: 591m
  • 最低点の標高: 159m
  • 累積標高(上り): 765m
  • 累積標高(下り): 762m

天気情報

晴れときどき曇り

風が無い樹林帯は特に寒く無かったですが、山頂付近の尾根は風が吹くので汗をかいていると肌寒くなります。

駐車場

天狗山・桜山ハイキングコース入口駐車場

長いので八塩登山口駐車場と改名してほしいところ。
ここは合計10台ぐらいのスペースがあります。そのほか、看板によれば近くにいくつか駐車場があるようです。

ここに車を置いて金丸登山口まで自転車に乗るんですが、思ったよりも登りが多くて息は上がるわ汗はかくわ大変でした。歩き始めるまでに体力をごっそり持っていかれた感じです。

山行時間

9:55八塩登山口駐車場-10:32金丸登山口

自転車+歩き:37分

10:35金丸登山口-11:18車道交差-11:34桜山公園?-
11:38蝋梅園11:46-12:01桜山-12:09展望台12:32-
12:47下山開始-13:02雲尾-13:54弁財天-
14:23八塩登山口駐車場

総山行時間:3時間48分

登山経路

金丸登山口からは要所でわかりやすい指標があり問題なし。

八塩温泉ハイキングコースもだいたい指標があるんですが、数か所でわかりづらいところがあります。他人が歩いた足跡が無い無垢の地形図だと迷ってしまうかもしれません。ルーファイ能力に頼るかGPSに頼ると迷わないと思います。

全体にテープ・リボンの類が少ないです。特に金丸登山口からのコースは気持ちがよいぐらいにリボンがありませんでした。

写真(山行)

095510.jpg
車を置いて自転車で金丸登山口に向かいます
095640.jpg
天狗山の位置をよく見ておけばよかった
103506.jpg
汗だくになって金丸登山口に到着。自転車を固定して出発します
103646.jpg
ここを左へ
104336.jpg
民家がなくなったので登山道に
104901.jpg
ここを左へ
105835.jpg
雨量計を見て
105918.jpg
明るい林になりました
110200.jpg
細い道
110253.jpg
要所で指標が立ってます
110613.jpg
気持ちの良い道
110853.jpg
高巻きましたが素直に倒木をくぐるほうが楽だったかも
111207.jpg
落ち葉の多い道
111654.jpg
急な階段のほうに向かいます
111806.jpg
車道を左に曲がり
111835.jpg
すぐに階段。この階段は緑色の三波石ですよ
111949.jpg
木の階段をてくてく
113306.jpg
もう桜山公園と呼んでよいかな
113439.jpg
ここを左に行きます
113803.jpg
蝋梅園に到着
113851.jpg
蝋梅
114104.jpg
蝋梅園の西端
114204.jpg
満月蝋梅
114352.jpg
蝋梅と山並み
114531.jpg
蝋梅
114920.jpg
途中で福寿草は発見できず。庚申塔は令和じゃなく享和元年=1801年です
114950.jpg
桜山公園を作った人らしい。人名と詳細はググってください
115032.jpg
階段を登ります
115321.jpg
ここで句碑の道に
115649.jpg
階段に戻りました
120016.jpg
山頂まであと少し
120132.jpg
桜山山頂の板碑
120727.jpg
冬桜が少し残っています
120819.jpg
ちらほら
122102.jpg
展望地で昼食
123213.jpg
展望地から桜山
123228.jpg
展望地から、左から雨降山・東御荷鉾山・西御荷鉾山
124030.jpg
池は氷
124714.jpg
遠回りはやめにして、下山は駐車場奥じゃなくここからだった
125122.jpg
いきなり行先が不明になります。GPSはまっすぐなので数歩歩くと
125155.jpg
左に指標が置いてありました。もともと分岐にあったのかな
125219.jpg
細い道
125315.jpg
補修前は大変だったろう階段
125713.jpg
杉林
125820.jpg
ここは車道を右へ
125922.jpg
指標はないけど雰囲気的には右に行きそうなかんじ。でもGPSは車道を続けろとある
130203.jpg
左へ向かう指標があります。近寄ると八塩温泉とあります
130320.jpg
八塩温泉桜山
130849.jpg
八塩温泉桜山
131146.jpg
桜山八塩温泉
131617.jpg
八塩温泉桜山
132416.jpg
桜山八塩温泉
132815.jpg
桜山八塩温泉
133101.jpg
落ち葉で踏跡が消えたところ。向こうにリボンがあるのでまっすぐ歩くと数メートルで踏跡も見えてきます
133419.jpg
なんと!八塩温泉山桜
133803.jpg
ちょいピークから下界。まだまだ下らないといけないです
133911.jpg
唯一補助ロープがあるところ
135036.jpg
桜山八塩温泉
135458.jpg
弁天堂。少し離れた天狗山は行かずじまいとなりました
135631.jpg
展望地からパノラマ。肉眼では男体山がよく見えました
135824.jpg
ぽんと平たんなところ
135909.jpg
さっきのところが「いっぷく平」なのかな
140641.jpg
炭焼き小屋
140906.jpg
左へ
141049.jpg
左の神社によります
141202.jpg
御倉御子神社
141307.jpg
裏手の3基の石祠の向こうに奥社らしき祠があります
141346.jpg
神楽殿の下に階段があるのは関東ではよくある形式。でも関西(奈良・明日香)では全く見たことがありません
141648.jpg
車も通れる道を歩き
141719.jpg
途中でカラスウリを見て
141848.jpg
アケビがいっぱい!と思ったらキーウィでした
142212.jpg
車が見えました
142257.jpg
手を洗って車に戻ります
150336.jpg
折り畳みチャリを回収

感想

平日を休みにしました。せっかくなので蝋梅の桜山のログが目に留まりました。宝登山だと平日でも人が多そうだけど、桜山だとひっそりしていそうなので行くことにしました。

ぐるっと周回するのに自転車があれば便利だろうと、八塩温泉に車を置いて漕ぎ出したものの、道は間違うし登りが多いし金丸登山口までが遠かったです。

桜山では蝋梅は堪能したものの福寿草を見つけられなかったので、下山後車で桜山に登って探しなおしたんだけど、やっぱり見つけられませんでした。まあ、他の山で見つけることにしましょう。

Topに戻る ・・・ 戻る