師匠の散歩

2021年03月25日(木) 石尊山と花めぐり

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 07:25 / 126m
  • 到着時刻/高度: 10:33 / 126m
  • 合計時間: 3時間8分
  • 合計距離: 7.44km
  • 最高点の標高: 506m
  • 最低点の標高: 126m
  • 累積標高(上り): 606m
  • 累積標高(下り): 587m

天気情報

曇り

駐車場

私有地

手前の看板が有効になって一般開放されたと勘違い。帰りにキッチリ怒られました。
石尊神社境内へは入れなくなりましたので、石尊山へは叶花集会所が駐車地となります。直前まである坂西観光協会の「石尊山駐車場」の看板は無効になっていますのでご注意を。

山行時間

7:26登山開始-
7:28石尊神社里宮-7:41女人禁制-8:10釈迦岩展望地-
8:18石尊神社奥宮-8:20地元石尊山-8:27石尊山-
8:34廃道湯殿山分岐-8:54深高山-
9:20石尊山-9:37分岐-9:42釈迦岩横-9:47突端-
10:34登山終了

総山行時間:約3時間8分

登山経路

釈迦岩経由の道

分岐から最初の下りは落ち葉で滑るのを注意すればなんとかなると思います。
釈迦岩を越えて残置ロープもどきがあるところは落ちたらアウトです。手前の枝を折ったので後ろ向きで降りればあとは横に歩いて岩で足を滑らさないように注意して。
下り始めは下れるところを探して下ります(伝えにくいところ)。意外と踏跡が残ってたりします。
枯沢は左岸(下るときに左のほう)ぎみに歩きます。地図の破線(右岸)に行ってみたら強烈な棘のある藪が絡みついてきますので、間違っても右岸には行かないほうが良いと思います。枯沢をずっと歩き続けたらいつのまにか一般道に合流できます。

写真(山行)

072552.jpg
朝は元気に出発
072633.jpg
土地所有者が境内への車乗り入れを禁止にされました。車は叶花集会所に停めましょう。
072704.jpg
お地蔵様のところが一丁目
072731.jpg
行場
072755.jpg
階段を登って
072824.jpg
石尊神社里宮
073253.jpg
不動明王
073544.jpg
緩やかな登り
074026.jpg
突端の祠。左奥は石尊神社奥宮
074137.jpg
石碑。奈良の大峰山は今でも女人禁制のはず
074255.jpg
まっすぐ伸びるのはトレランルートだと思います
074934.jpg
分岐を左へ
075013.jpg
一つ目の堀切
075044.jpg
二つ目は深い堀切
075148.jpg
突端には物見櫓か砦があったようです
075435.jpg
分岐に戻りました
075519.jpg
葉が長細いスミレ。花に濃い紫があるのでノジスミレでしょう
075750.jpg
最初はミツバツツジでした
080214.jpg
すぐに満開のアカヤシオを発見。崖に咲いているので望遠で
080257.jpg
登山道のアカヤシオ
080308.jpg
アカヤシオ
080401.jpg
向こうは八王子丘陵
080544.jpg
キブシ
080801.jpg
岩が多くなってきました
080849.jpg
アカヤシオ
081027.jpg
釈迦岩は遠くから見たらお釈迦様に見えなくもない
081223.jpg
最後の岩登り
081535_stitch.jpg
展望地から。仙人ヶ岳の稜線、吾妻山・鳴神山の稜線、赤城山は霞んでます
081753.jpg
里宮に向かいます
081858.jpg
平成に寄贈されたお面
082028.jpg
たぶん石尊神社のお祭りではここが石尊山山頂のはず
082713.jpg
しばし歩いて三角点のある石尊山。二等三角点:叶花:486.45m
083028.jpg
深高山に向かって歩きます。尾根歩き最初の小ピーク
083459.jpg
廃道になったのが定着したのか湯殿山へのバリケードはなくなってます。
083624.jpg
尾根
083649.jpg
ヤマツツジも咲き始め
084312.jpg
雄大なる尾根道
085010.jpg
たぶんあれが最後のピーク(途中に小ピークが2つほどあった)
085457.jpg
深高山で折り返し
090321.jpg
この葉の形をロックオンしました
091457.jpg
カンスゲ
091652.jpg
ノジスミレがあちこちで咲いてます
092151.jpg
一株だけシュンランを見つけました。実はこれが人生初シュンランだったりします
092210.jpg
思ったより大きな花で、なぜこれまで見逃していたのか納得できません
093732.jpg
さて分岐を下ります。落ち葉が滑るのでへっぴり腰にて
094238.jpg
釈迦岩を横から。右側を通るときに少し緊張しました
094724.jpg
突端まで行って撮影
094927.jpg
釈迦岩の東側から下り始めます
095113.jpg
足を滑らせても木で止まるようにすれば多少の斜面も怖くない
095400.jpg
踏跡っぽいところを行きます
095548.jpg
ずりずり下ります
100220.jpg
左の斜面に登りアカヤシオ撮影
101007.jpg
破線の右岸に行くと棘で参りました。引きはがすにも棘がプツプツささっているので痛いのなんの
101325.jpg
枯沢まで降りました。テープもありますが、一番低いところを歩いていれば
102151.jpg
一般道に合流します
103751.jpg
ところ変わって白葉峠分岐。菜の花が咲いてます
103853.jpg
お墓の横ではアズマイチゲとカタクリ
103907.jpg
アズマイチゲ
104056.jpg
カタクリ
104112.jpg
アズマイチゲ
104214.jpg
タチツボスミレには少し早いのでニオイタチツボスミレとか
104226.jpg
ここにもアマナが咲いてました
104305.jpg
ダンコウバイの花が咲いてます
104327.jpg
色が白いダイコンソウ
104412.jpg
そのうえでは桜が満開でした
111449.jpg
またまた所変わって。ここはカタクリが終わった時期にまた来ます
113533.jpg
またもや場所を変えて桐生の稲荷山の麓。平日だというのに非常に大勢の人が散策されてました
113545.jpg
アズマイチゲ。緑の葉が敷き詰められているので白が映えます
113605.jpg
カタクリ
113632.jpg
カタクリとアズマイチゲ
113722.jpg
アマナ
113755.jpg
アズマイチゲ
113821.jpg
カタクリ
114251.jpg
ヒトリシズカも咲き始めてました
115053.jpg
イカリソウを斜面で発見
115516.jpg
望遠でイカリソウ
115639.jpg
ダイコンソウの花畑
115656.jpg
小さいカキドウシが草に隠れてます
120049.jpg
ヒトリシズカは探せばいっぱい見つかりました

感想

ヤシオ山に咲いているのはわかっていたので、今年はアカヤシオを求めて石尊山に登ることにしました。もひとつできれば深高山まで歩いてシュンラン探しをしました。

岩尾根にアカヤシオがしっかり咲いていました。数本ではなくいっぱい咲いているので見ごたえがあったのでヤシオ山への登りはやめました。

深高山への尾根では下をずっと見て歩き、念願のシュンランを見つけることができました。葉の形をロックオンしたので次からは別の山でも見つけられるのではないかと思います。

そのあと、白葉峠散策、某地の状況確認、稲荷山にてアズマイチゲとカタクリを堪能しました。お昼は千本桜の駐車場にて。枝垂れ桜は満開でソメイヨシノは2分咲きでした。午後は某所に寄り道して無駄話してから帰りました。

Topに戻る ・・・ 戻る