師匠の散歩

2021年04月25日(日) 群百の庚申山は藤がメイン、世界遺産の高山社跡もついでに

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 07:49 / 417m
  • 到着時刻/高度: 12:55 / 414m
  • 合計時間: 5時間6分
  • 合計距離: 11.37km
  • 最高点の標高: 945m
  • 最低点の標高: 409m
  • 累積標高(上り): 780m
  • 累積標高(下り): 780m

天気情報

雨雲のち晴天

朝からずっと曇り空で到着直後は強い風が吹いて雷雨になりそうな感じでした。ところが2時過ぎには嘘のように晴れ渡り、ポカポカ陽気となりました。

駐車場

藤を見るなら
国道17号から左折して南西方向に走り、国道254のトンネルをすぎて左折すると「藤の咲く丘」の看板が出て駐車場になります。混雑時は直下の駐車場は「おもいやり」駐車場になっており、一般は「みかぼみらい館」の駐車場に停めます。無料で出入りが多いので、この日も特に待ち時間なく駐車できました。
藤を見ないならトンネル東を左折すれば総合公園の駐車場があるようです。
その他にも超マイナーな路肩もあるようです。
駐車料金無料で、藤祭り2021は中止だそうですが警備員さんが数人誘導してくれています。

高山社跡
トンネルの東の大きな交差点に「高山社跡6.5?」の看板があります。走り続けると右手にトイレ付の駐車場。すぐ左に情報館の駐車場。高山社すぐは5台ほど駐車できますが「おもいやり」のようです。
高山社は入場500円、入場チケットを情報館に持っていくとペーパークラフトがもらえます。

山行時間

13:06駐車場-
13:57庚申山-
14:55駐車場

昼食と花見物含め活動時間:1時間50分

15:14駐車場-
15:22高山社跡16:18-
16:22情報館-
16:27駐車場

説明を聞く時間を含め、1時間13分

登山経路

庚申山ハイキングコースは傾斜も緩く、雨でなければ特に問題なく歩けると思います。

写真(山行)

130634.jpg
みかぼみらい館のマップ
130755.jpg
入場無料です
130800.jpg
130917.jpg
空は曇り空で数が強かったです。コープで買ったお弁当を強風のなか急いで食べました
132350.jpg
展望は浅間山から榛名山・武尊山・赤城山・日光白根山がよく見えました
132803.jpg
白い藤
132836.jpg
紫の藤
132854.jpg
空は雲が多いながらも日が差し始めました
132918.jpg
藤かくだい
132930.jpg
ふじ拡大
132942.jpg
藤拡大
133028.jpg
ふじかくだい
133320.jpg
藤棚は来週が満開でしょう
133543.jpg
あやめだと思います
133703.jpg
ポピーやマーガレットの花壇が続きます
134152.jpg
まっすぐがハイキングコースです
134723.jpg
快適な上り坂が続きます
135120.jpg
階段はここだけだったかな
135209.jpg
小ピークに祠がありました
135348.jpg
最高地点にひっそり、二等三角点:藤岡:
135352.jpg
なだらかに下ると展望台がありました
135546.jpg
展望台からの眺め
135756.jpg
降りると群馬百名山の山名標がありました
135808.jpg
反対側に庚申搭がありました。「安政7年庚申二月」と書いてあります。この年は安政の大獄の年で大河ドラマの背景のころとなります
140303.jpg
せっかくなのでさくら山のほうに行きます
140629.jpg
南側の秩父側のほうが眺めがよいです。中央ちょい左に武甲山が見えます
140730.jpg
ここらはアセビがいっぱいでした
141020.jpg
右に行きます
141229.jpg
八重桜が満開でした
141256.jpg
こちらはなんだろう。サクランボとか?
141437.jpg
相方から「おいしそう」の声がありました。柵は無いので畑じゃなさそう、ふき
141506.jpg
馬の文字が読めるので馬頭観音。山の神なので昔はここが峠になっていたのかもしれません
141625.jpg
163メートルピークから藤棚の階段を下ります
141841.jpg
さくら山展望台が晴天に浮かんでます
142004.jpg
展望は残念
142232.jpg
そのまま北西に歩きます
142355.jpg
上に枝を伸ばした藤棚。このあとの墓地の横の坂が一番急でした
143112.jpg
マップ
143632.jpg
中央広場を横切ります。ツツジは満開までもう少し先です
143803.jpg
中央広場売店を過ぎて民家の横を抜けます。指標の類はありませんが、多くの人が歩いていくのでわかると思います
144527.jpg
竹林をすぎて藤の丘に戻りました
144801.jpg
手すりの藤
144843.jpg
ウチョウラン
144913.jpg
特別展示は中止でした。中にトイレがあります
145530.jpg
このあと看板が気になったので「高山社跡」に向かいます
151410.jpg
車を停めてマップ
151641.jpg
気持ちの良い道
151815.jpg
涼しそうな沢
151827.jpg
ここが高山社跡。石垣は修復中
152136.jpg
入場料は一人500円。身障者と高校生以下のほか藤岡市民は無料とのこと
152148.jpg
建物
152249.jpg
桑の大木
152511.jpg
富岡製糸場と一緒に世界遺産に登録されたのが高山社跡です
153921.jpg
現存しているのは模型の半分ぐらい
154331.jpg
屋根に空気抜きがあるのが静穏育といって、高山長五郎が考案したそうです
161841.jpg
これはケヤキ
162209.jpg
いちご
162242.jpg
情報館に寄ります
162729.jpg
情報館すぐのマップ
170001.jpg
入学証。次回持っていけば卒業証がもらえるとのこと
170002.jpg
アンケートに答えたらアサギマダラの絵のパウチをもらいました
170003.jpg
入学証を情報館に持っていくとペーパークラフトがもらえます。お子様でも簡単とありますが少し難易度高いと思います

感想

群馬県内で花の咲いているところを探し、藤岡で藤が咲いているとのことで遊びに来ました。つつじが岡公園や足利フラワーパークは密が見えたので行先候補からは除外してます。
到着してすぐは風が強くすぐに雨で撤収の気配が濃厚でしたが、すぐに超晴天となりハイキングコースの矢印にさそわれ歩くことにしました。山の難易度は太田金山よりもずっとゆるく、花見物のついでの散歩で問題なく歩けました。
よくよく考えたら、庚申山は低山ながらも群馬百名山。カウントはしていませんが、群百ゲットしました。

まだ時間もあったし、途中の看板で気になっていた高山社跡なるものに行くことにしました。
行ってみたら世界遺産の富岡製糸場とセットで登録されたところでした。建物を修復するのに建築当時のものに戻すのにかなりの費用がかかるとのことです。説明時間がめちゃくちゃ長かったので、歴史をご存じのかたはフリーで見物されることをお勧めします。もちろん、時間があって歴史を知りたい人は案内を頼みましょう。

車の行き帰りは、もちろん大河ドラマで有名になった血洗島を通過しています。

Topに戻る ・・・ 戻る