師匠の散歩

2021年06月26日(土) 梅雨の合間にコウシンソウ巡り

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 05:53 / 825m
  • 到着時刻/高度: 14:00 / 821m
  • 合計時間: 8時間7分
  • 合計距離: 18.85km
  • 最高点の標高: 1886m
  • 最低点の標高: 818m
  • 累積標高(上り): 1730m
  • 累積標高(下り): 1685m

天気情報

晴れのち曇りのち雨

早朝はカラッと晴れていました。樹林帯では湿度が高く、涼しい風が吹いて助かりましたがねっとり感が続きました。
山頂に到着するころは曇り空。展望地では日光連山は雲の中でした。
林道を歩いているとポツリ。車に戻ってしばししたらザっと降り出しました。

駐車場

登山口路肩

5時半ごろに到着で下の駐車場が70%、中の駐車場が80%で結構な車が停まっていました。
しかし、観光登山で会ったのは2パーティのみ。もしかして、ほとんどの皆さんが百名山皇海山のクラシックルート挑戦中だったりして。

山行時間

5:53路肩-6:30天狗の投石-6:42一の鳥居-
7:14-鏡石-7:26夫婦蛙-7:36仁王門-7:51猿田彦神社跡-
8:30水平に-8:35コウシンソウ自生地-
9:07鬼の耳こすり-9:36岩戸-9:47分岐-
10:09コウシンソウ自生地-10:29庚申山-10:31展望地10:57-
11:31一ノ門-12:04取水地-12:11分岐-
12:16猿田彦神社跡-13:09一の鳥居-
14:00路肩

総山行時間:8時間7分

登山経路

林道には回避できない水たまりがあることがありますので、防水登山靴を用意してください。

登山道では時々濃い踏跡が変な方向に行くことがあります。
看板や通せんぼの無いところもあるので、心配な人はGPSとにらめっこで歩いてください。

写真(山行)

055357.jpg
路肩は1台目、出発します
060219.jpg
水深は2センチほどですが一歩は少なからず突入させないといけません
061048.jpg
気分はアゲアゲ
061251.jpg
こっちのプールは解消されてます
063053.jpg
一の鳥居まであと10分かかる指標になっています
064224.jpg
一の鳥居で新しいシャツに交換
064719.jpg
このあたりは水浸しがなくなってました
065248.jpg
この橋は水平なので問題なし
071456.jpg
鏡石
072604.jpg
夫婦蛙
073627.jpg
仁王門
074955.jpg
もう少し
075051.jpg
宝剣
075147.jpg
猿田彦神社跡で少し休憩。テーブルがなくなって久しいがもう一度作ってほしいな
075344.jpg
クリンソウが朝露に濡れてます
075545.jpg
お山巡りから
075747.jpg
バシャバシャ流れてます。湿度が一番高い瞬間でした
080753.jpg
九十九折れが終わりました
081112.jpg
尾根になりました
081425.jpg
下りだと楽園のような景色です
081614.jpg
足元に大量に花が落ちてるのを見て顔を上げたら、頭の高さでサラサドウダンを見つけました
082556.jpg
3連ハシゴを登ったら
083050.jpg
やっと水平な道が始まります
083529.jpg
コウシンソウの茎はいっぱいあるので梅雨になって花が落ちてしまったようです
083615.jpg
ミヤマカラマツ。あとからいっぱい見つかります
083658.jpg
ガニマタになってボルトを探りながら歩きます
083750.jpg
だいぶ昔はこの岩にも咲いてましたが、遅い時期だし探すのはあきらめ先に行きます
083816.jpg
コウシンコザクラの色再現が難しい
084307.jpg
吊り橋
084815.jpg
ミツバハチグリ
085131.jpg
ヤマオダマキ。この花を見るためにお山巡りをしているといっても過言ではない
085214.jpg
ハナニガナはごく少数派
085300.jpg
かわいく咲いてる。ヒメウツギかな
085530.jpg
あちこちの沢で咲いてます
090155.jpg
馬の背
090321.jpg
展望岩からパノラマ
090518.jpg
ミツバハチグリ
090716.jpg
鬼の耳こすり
090904.jpg
ミヤマハンショウツル
091013.jpg
ミヤマカラマツ
091531.jpg
コウシンコザクラ。まあユキワリソウですね
091718.jpg
ウスユキソウが咲いてました
092238.jpg
崖を見あげて
092305.jpg
ウスユキソウがいっぱい
092324.jpg
ウチョウランが一株だけ咲いてました。この時期にも咲くんですね
092954.jpg
祠跡
093312.jpg
クルマムグラのピントが合わない
093608.jpg
庚申岩戸を見上げて
094125.jpg
モミジイチゴ
094709.jpg
合流地点で休んでいると足元のマイヅルソウを発見
101015.jpg
下の自生地にて。思いのほかコウシンソウが咲いてます。こんなに咲いているのは初めてです
101047.jpg
コウシンソウ
101359.jpg
上の自生地ではコウシンコザクラがいません
101523.jpg
コウシンソウ
102628.jpg
コウシンソウを見たら山頂と展望地はついでに
102917.jpg
庚申山はさっさと通過
103755.jpg
ボトルは娘が買ってくれました
105138.jpg
皇海山の雲が一瞬取れました
112040.jpg
この道がどんどん危なくなってます。中に倒木が埋まっているので、倒木が腐れば土砂崩れがまた発生します
113102.jpg
分岐
113114.jpg
一の門
114917.jpg
ヤマオダマキ、好きです
114959.jpg
ヒメウツギ
115206.jpg
クワガタソウ
115426.jpg
ぐるっと見上げて
115651.jpg
葉が6枚ないのでキクムグラ。途中のもすべてキクムグラなのかな
115957.jpg
コバイケイソウはまだつぼみ
120045.jpg
コウゾリナかな
120428.jpg
水補給
120636.jpg
クリンソウ
120744.jpg
121030.jpg
ここのクリンソウはいつもより少なめです
121046.jpg
クリンソウ
121640.jpg
ようやく神社跡地に到着
123753.jpg
上からだと夫婦に見えます。ただし、自然界ではメスが大きく下のはずです
130911.jpg
さあ、ここから林道地獄です
131004.jpg
フタリシズカ
134227.jpg
舗装路
140004.jpg
やっと終わりです

感想

今日は晴れるという天気予報を信じて出発。午後から曇り、車に戻った直後に雨になりましたが、午前中は晴天に恵まれました。大雨の翌日だったはずですが、一の鳥居以降でぬかるみになるところはありません。でも、岩やハシゴの土でズボンが汚れるので足元のゲイターがあったほうが良いと思います。

コウシンソウはまだ咲いてます。ただしお山巡りの自生地は終わってます。コウシンソウ以外にも、特に岩場より高いところでいろんな高山植物を見ることができます。そういう意味でも花好きで足に自信のある方にはお山巡りをお勧めします。

今日は足の調子がよくサクサク歩けました。しかし気を抜いたのか庚申山荘手前のクリンソウ自生地で丸太に足を滑らせばったりこけてしまいました。幸い大したことはありませんでしたが落ち込みました。

いつも思うんですが、車止めから一の鳥居までの林道、普通に歩いてもサクサク歩いても50分ほどかかります。今日は途中に何も咲いていないし、心が折れそうになりながら、最後の坂を下る頃には放心状態になってしまいます。皆さんどうされてるんでしょうかねぇ。

ところで、先周赤城でトウモロコシ食べてきました。10時過ぎでもほぼ満車で注文してから結構待ちます。生は追加が届いてから5分かからず販売終了です。ラップしてチンして何もつけずが夕飯に並ぶ今日この頃です。店の名前は特に出しませんが、ちっちゃい3代目?が大きな声でがんばってました。

Topに戻る ・・・ 戻る