師匠の散歩

2021年10月03日(日) 快晴の赤城地蔵岳と覚満淵ぶらぶら

概要

各種地図    map
概略ルート形状
   map距離x標高
map距離x速度
map時間x標高
map時間x速度
  
  • 出発時刻/高度: 12:02 / 1493m
  • 到着時刻/高度: 14:42 / 1368m
  • 合計時間: 2時間31分
  • 合計距離: 6.61km
  • 最高点の標高: 1671m
  • 最低点の標高: 1361m
  • 累積標高(上り): 187m
  • 累積標高(下り): 187m

天気情報

快晴

半そででも暑くはなかったけど、周囲の人たちは長袖が多かったです。

駐車場

八丁峠駐車場

たぶん超ラッキーで、目の前で車が出て行ってくれたので停められました。途中のビジターセンターも満車ぽかったです。
ただし、路肩に停めている車は無かったので、それなりに停められているようです。

山行時間

12:00八丁峠P-
12:40地蔵岳13:06-
13:47

1時間47分

移動・トイレ休憩

13:58ビジターセンターP
覚満淵
14:42ビジターセンターP

44分

総ハイキング時間:2時間31分

登山経路

覚満淵の周回木道が一部通行止めです。
時計回りの場合は、戻ってぐるっと遠回りするか、ニッコウキスゲの養生地のあるベンチのところからショートカットして鳥居峠から降りてくる道からなら覚満淵に入れます。
その他周辺情報	箕輪のお店でシイタケ栽培キットが安く売られていたので買って帰りました。どんなのがどれだけとれるのかちょっと楽しみ。

南面道路を東に走り、さいたさいた♪の「さ」のところのリンゴ園でリンゴを買って帰りました。今日は「あかぎ」と「秋映え」が売られてて、「秋映え」を1袋買って帰りました。

写真(山行)

120243.jpg
今日はまともな登山に相方を誘いました
120354.jpg
間の抜けてるところが怖いとのこと
121245.jpg
最初のリンドウ
121910.jpg
なんとか通過中
122429.jpg
リンドウ
122618.jpg
天空の道
122655.jpg
木道横のリンドウ
123242.jpg
展望地から小沼と長七郎山
124010.jpg
地蔵様まで到着
124028.jpg
黒檜山
124101.jpg
一等三角点
124951.jpg
おや、3級基準点なるものがあるぞ、内容は後で調査しよう
125010.jpg
平たんなのでお湯を沸かさせてもらいました
130644_stitch.jpg
パノラマ。武尊山・至仏山・燧ヶ岳がよく見えました
130935.jpg
イタドリでしょうか
131052.jpg
NHK植物園の南側フェンス内側のマツムシソウ
131151.jpg
西フェンス外のマツムシソウ
131224.jpg
北フェンス内のウスユキソウ
132141.jpg
つぼみのリンドウ
134401.jpg
なんとか段差を下ってくれたので、前の長七郎山とあわせ地蔵岳なら相方にも登れることがわかりました
134441.jpg
明日はヘリが飛ぶらしいです
135725.jpg
ビジターセンターの食堂はおしゃれなヒュッテに代わってます
135744.jpg
メニューはおさっれーなものに
135955.jpg
だいぶ車が減っていました。覚満淵へ
140013.jpg
テニスコート横のカワラナデシコ
140327.jpg
かも
140340.jpg
気を付けて歩く木道
140538.jpg
残っていたアザミ
140941.jpg
休憩ベンチのリンドウ
141831.jpg
小地蔵岳
142243.jpg
戻ってここを左へ
142633.jpg
ここを行けばショートカットできますが、最後は藪になるので要注意です
142701.jpg
右は鳥居峠で左へ
143018.jpg
こんな感じで工事中です。どの場所が通行止めでう回路があるのかどうか、ビジターセンターにも覚満淵入口にも説明がありません
143106.jpg
草紅葉はまだまだです
143536.jpg
すすきは太陽の方向がきれいです
143607.jpg
ノコンギクはごく少数派
143800.jpg
イタドリがたまに
143938.jpg
ドボンはなくなりました
143951.jpg
覚満淵
171624.jpg
箕輪のお店で買ってきました
171630.jpg
数日で収穫できるようになるようで、そのあと何度か再栽培できるとのことです

感想

出不精が続いたので、久々の登山は手ごろな赤城にしました。実際の行先は「りんごを買えるところ」で「歩けるところ」で決まりました。近いというのが一番でしたが。

相方はまともな登山は初めてだったはずですが、頂上からの景色に感動した様子がなかったのが少し残念。那須の紅葉なら感動するのか、来週あたりチャレンジしてみようかと思います。

Topに戻る ・・・ 戻る